ここから本文です

厚生労働省は働き手が企業に未払い賃金を請求できる期間について、現行の2年を3年...

アバター

ID非公開さん

2019/10/2807:00:03

厚生労働省は働き手が企業に未払い賃金を請求できる期間について、現行の2年を3年に延長する検討に入った。2020年4月の改正民法施行で賃金に関する債権の消滅時効が原則5年となるのに対応する。労働者の権利を守るた

め将来は5年への延長を視野に入れつつ、企業経営の負担が過大にならないよう、まずは3年への延長で制度改正の実現をめざす。

労使の代表らで構成する労働政策審議会(厚労相の諮問機関)で19年度中に

どう思いますか?ご教示下さい。

閲覧数:
20
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

i07********さん

2019/10/2807:12:33

年数の問題ではない。

労基がしっかり仕事しろ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる