ここから本文です

リヒテンシュタイン って、UKの入国管理のeゲートのリストに日本とともに入ってい...

アバター

ID非公開さん

2019/11/613:00:03

リヒテンシュタイン って、UKの入国管理のeゲートのリストに日本とともに入っていますが、どんな国なんですか?

スイスとオーストラリアの間の小さな国というのは知ってます。
何故、スイスにもオーストラリアにも入らなかったのでしょう?
言葉は何語に近いのでしょう?

閲覧数:
23
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mat********さん

2019/11/614:40:38

スイスとオーストラリアではなく、オーストリアとの間です。間違えないであげてくださいね。カンガルーのいない方ですよ。

もともと神聖ローマ帝国の一部で、リヒテンシュタイン家はハプスブルク家の重臣でしたから、オーストリア帝国と深い関係がありました。だからオーストリア主導のドイツ連邦にも加盟ました。ですが、オーストリアがプロシアに敗れてドイツ連邦は解体、リヒテンシュタイン家は永世中立を宣言します。その後第二次世界大戦でオーストリアはドイツに併合されてしまいました。リヒテンシュタイン家は当主がずっとウィーンに住んでいたために、第一次世界大戦でも面倒なことになりかけたし、第二次世界大戦後には、その資産をドイツのものとされて、かなりの領地をうしないました。もっとも、不動産以外の資産の殆どはとっくの昔にロンドンに避難させてあったのですが。

そんなわけでオーストリアと統合はせず。スイスとは統合はしませんが(共和国と立憲君主国なので)関税同盟を結び、EU以外ではスイスが利益代表、安全保障もスイスに依存しています。

第二次世界大戦後しばらくはリヒテンシュタイン家の持つ莫大なコレクションを売って国家経済を維持したりもしましたが、現在では切手発行、法人税、観光、などが主な収入源ですね。

現地の人達の言語はドイツ語方言、公用語は標準ドイツ語です。英語もよく通じますので、観光なら英語で充分。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる