ここから本文です

レプリカの建物でも、世界遺産に登録されるものなのですか。 ということは、首里...

日々是好日さん

2019/10/3107:56:00

レプリカの建物でも、世界遺産に登録されるものなのですか。
ということは、首里城が現代の技術で再び再建されても、また世界遺産に登録される可能性がありますか。

閲覧数:
277
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/10/3120:37:56

勘違いされてるかもしれません。火災にあった首里城は戦後に再建されたレプリカです。沖縄戦によって元の物は完全に失われています。

レプリカの建造物を主な対象として世界遺産登録されてる事例は無いと思います。
沖縄の世界文化遺産登録は『琉球王国のグスク及び関連遺産群(りゅうきゅうおうこくのぐすくおよびかんれんいさんぐん)』です。
古琉球時代の遺跡・遺構などが主な対象です。

一応再建された首里城も含まれてますが、文化遺産の価値としては有体に言って添え物みたいな物です。
ですから今度の火災によって世界遺産から抹消される事は無いだろうと思います。

世界遺産選定の基準としては、真実性・オーセンティシティー:authenticity。完全性・インテグリティ:integrity。が重視されます。

特にオーセンティシティーは日本の文化的伝統にはあまり無い発想で分かりにくいです。レプリカはもちろん対象物を修復するのも避けられます。

たとえば世界遺産に登録されていて現在も信仰の対象となってる物がいくつかあります。これが傷ついたり古くなった場合、信者たちは修復しようとするのですが、世界遺産委員会などの考えでは修復はオーセンティシティーを損なう事となります。

もともとレプリカだった首里城にはオーセンティシティーは認められません。焼け跡のまま放置するより再建した方が良いと思いますが、コストなど大変でしょうね。戦後の物とは言え数十年間親しまれた建物です。本当に残念です。

  • 質問者

    日々是好日さん

    2019/11/106:37:03

    authenticityは「信憑性」と訳されると思うのですが、「日本の文化的伝統にはあまり無い発想で分かりにくいです」と言われるのは、どういうことですか。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/11/3 21:04:29

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wsu********さん

2019/11/109:45:57

世界遺産に登録されているのは建物そのものではなく、地下の遺構に当る

城壁や土台・階段などの石造りの首里城跡の周辺構造物が対象です

従って全焼した建物は最初から遺産の対象ではなく、基礎部分に問題が

無ければ取り消しされる事もありません

https://www.asahi.com/articles/ASMB03G6YMB0UCLV001.html

プロフィール画像

カテゴリマスター

doc********さん

2019/10/3111:37:12

首里城の建物は、世界遺産ではないと思っていたけど・・・。

tyu********さん

2019/10/3108:28:43

本物を再現させる資料が審査を納得させる状況(考古学的な)で存在し、それで忠実に再現していれば世界遺産になれるようです。

万一それら資料も燃えてしまって、控えのコピ-等が無いなど悪条件が重なればヤバイかもですが、それはないでしょ!と思いたい。

des********さん

2019/10/3108:03:30

焼けたからといって、世界遺産登録は取り消されないと思いますが。
多分、世界遺産は建物の歴史というより、その建物がもたらした社会的影響等を理由に登録されるものだと思います。だから建物がレプリカだろうが関係はないと。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる