ここから本文です

住宅ローンが払えず自己破産する場合、 借りる時に担保にした土地か 連帯保証人...

アバター

ID非公開さん

2019/11/200:34:50

住宅ローンが払えず自己破産する場合、
借りる時に担保にした土地か
連帯保証人かどちらに責任がいきますか?

閲覧数:
224
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

2019/11/205:03:36

不動産売却は時間がかかるのでまずは連帯保証人に、足りなければ不動産売却の順ではないかな。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac18617さん

2019/11/211:57:17

当然でしょう。

bmr********さん

2019/11/204:31:46

連帯保証人には催告の抗弁権や
検索の抗弁権がありません
↑例え保証人で催告、検索の抗弁権があったとしても、主たる債務者が破産したら主張できません。
そんな事も知れない人がいるね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kenchikun221さん

2019/11/203:52:16

連帯保証人には催告の抗弁権や
検索の抗弁権がありません
主債務者と同等の立場となるため
債権者は債務者と同じように
連帯保証人に対して支払いを求めることが可能です


おそらく話としては
連帯保証人は
連帯して債務を返済する義務があるため
まず連帯保証人に支払いを求めるかと

仮に連帯保証人により全額支払われれば
ローンは完済しますから
自己破産の状態にはならず
担保になっている土地と建物は残るでしょう

ただ、連帯保証人が弁済(代位弁済)した場合は
債務者に対する求償権が発生しますから
おそらく担保になっている土地と建物は
その時点で売却し売却代金は
連帯保証人に支払うことになるのではと推測します
その後、残った債務を連帯保証人に対して
返済していく事になるのではと思います


仮に連帯保証人にも支払い能力が無ければ
担保になっている土地と建物は売却され
残った債務が
連帯保証人に請求されることになるでしょう

連帯保証人が一括返済するか
分割で返済するか自己破産になるかは
その資産や経済力によるでしょう

(個人の意見です)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tak*****さん

2019/11/202:58:09

土地を処分しても不足した場合、債権者は連帯保証人に請求します。
不足することが明らかな場合は、土地の処分前に連帯保証人に請求します。

kas********さん

2019/11/201:50:07

債権者次第。債権者は回収しやすい方から手をつければいい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる