ここから本文です

高齢ドライバーの多い事故は「老化細胞」の原因だと思う?

niw********さん

2019/11/521:06:24

高齢ドライバーの多い事故は「老化細胞」の原因だと思う?

補足タンパク質の悪化?、DNAの変化?、ミトコンドリア?、ルビコンよる老化?

閲覧数:
26
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tnc********さん

2019/11/521:50:49

高齢ドライバーは運転手本人(と高齢同乗者)が死傷しやすいだけのようですよ。

参考: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112152322...

「老化細胞」が原因なら、事故の原因となる「中年細胞」や「若者細胞」もありそうですが、ちょっと考えにくいので「老化細胞」が原因だとは思いません。

  • tnc********さん

    2019/11/621:04:24

    「タンパクの悪化?、DNAの変化?、mt?の異常」等の細胞は高等生物の場合は基本的にすぐに免疫系などによって除去されてしまうので、高次の形質やその発現、最終的に運転への影響はほぼあり得ないかと思われます。ごく稀にDNAの複製異常などにより悪性形質を獲得した細胞が増殖するのがいわゆる「癌」でしょう。悪性細胞は常時生成→除去されていますが、極めて稀に一種の不運によって増殖→癌の発病も起こりうるのでしょう。事故の原因となる加害者や被害者の不注意・ミスや癌は「不運」、宝くじの当選等は「幸運」と言えますが、誰に「(ぶち)当たる」かは予測不可能でしょう。
     ただし、もちろん、飲酒運転は事故の危険性が増し、喫煙は肺癌の危険性が増すのは明らかです。
     オートファジー抑制因子ルビコンはショウジョウバエ、線虫、マウスなどでの寿命延長が「示唆」されています。人で健康寿命が延長すれば、高齢でも長く運転できると期待されます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる