ここから本文です

陸上部(短距離)のメニューを考えてる者です。 今シーズンの大会も終わりいよいよ...

ikb********さん

2019/11/1719:06:30

陸上部(短距離)のメニューを考えてる者です。
今シーズンの大会も終わりいよいよ冬季練習となります。
やはり強くなりたいので、きついメニューを考えてます。しかし、陸上経験が少なく浅はか

な知識でしかメニューを組めません。顧問は全く陸上経験がないので部内のみんなのためにも、ただただ長い距離を走って体力を付けるという練習だけでなく技術的な練習も組み立てていきたいです!いい意見やメニューがあったら是非教えてください。
あと、あんまりキツすぎるメニューばかりだとモチベが下がってしまうので、時々少しユニークといいますか、面白いメニューも組んでいきたいと思っています(例、エンドレスリレー的な)。その事についてのメニューも良かったら教えてください。

閲覧数:
65
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nak********さん

2019/11/2307:24:10

日本短距離歴代トップアスリートのトレーニングデータですが、伊東浩司選手(日本人初100m10,00)は、イチロー選手が引退してもなお、筋金入りで本腰いれて取り組む初動負荷理論をトレーニングに取りいれ
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%80%8D%E3%81...

末続慎吾選手(パリ世界陸上200m決勝第三位)は、ボルト選手と同じ体幹を絶妙にくねらす~∬~バックボーン、メカニズムhttp://m.pandora.tv/?c=view&ch_userid=jpchan06&prgid=46000367&ref=m...
で走りhttp://www.ultimatebody.jp/suetugu.html
サニブラウン選手とならびに期待の☆桐生祥秀選手(祝100m 9,98)は、骨ストレッチというトレーニングhttp://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4799314912/ref=redir_mdp_mobileにも励んでいた時期があり、また
https://youtu.be/bqu5n-RYBpU
また、ハンマー投げ金メダリストの室伏広治選手から全身トレーニングを学んだ

そうですよ。
何か一部でも、理にかなったスムーズなボディコントロールの学びになれば幸いです。
一般レベルを遥かに越えた健脚の方の足腰の秘訣、根本理由が分かれば、そこを足掛かりに合理的に、トレーニング周囲よりお尻に火が着いたように一足先に進められますよね?

日本短距離歴代トップアスリートのトレーニングデータですが、伊東浩司選手(日本人初100m10,00)は、イチロー選...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

おまるさん

2019/11/2319:40:33

短距離でも足腰の安定感が必須ですので、少し距離を伸ばして300mをやってみてはいかがでしょうか?
300+100など。
サーキットトレーニングも有効ですよ。
まず、シャフトとボックスを使って、足腰のトレーニング。
次に、メディシンボールを使って腹筋。
次に、2.30mをランジやうさぎジャンプ。
こんな感じで色々な種目を組み合わせるとめちゃくちゃキツいですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる