ここから本文です

フラット35 による年収の計算方法について 転職後まだ半月も経過してないため、...

non********さん

2019/11/1722:42:57

フラット35 による年収の計算方法について

転職後まだ半月も経過してないため、住宅ローンはフラット35 を使用する予定の者です。これから金融機関の仮審査を行うところです。

不動産屋の

担当営業マンの方に給与明細を見せたところ、月の総支給額から通勤手当てを除いた額を各支給月分合計し、それをもとに12ヶ月で割り戻すと言われました。その後、担当営業マンが提携の金融機関の担当者に明細を見せたところ通勤手当以外に保険のようなものを控除するようで当初の想定した年収額よりも低くなってしまったようです。どんな保険かは担当営業マンもよく分かってないようでした。
一方、個人で別の金融機関で仮審査を申し込んだ時は通勤手当のみを除いて割り戻して記入すれば良いと言われました。本審査にて給与証明書を提出が必要と言われました。そして給与証明書は通勤手当等の非課税分は除くとありました。

私の給与内訳は基本給、地域手当、役職手当、通勤手当、超過勤務分のみで、それ以外は社会保険等の控除対象しかありません。

フラット35 の年収換算は、どちらが正しいのでしょうか?それとも金融機関で換算方法に違いがあるのでしょうか?
出来る限り調べたのですが、分からなかったためご存知の方がいれば教えて下さい。

閲覧数:
86
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ku_********さん

2019/11/1811:01:44

どちらもフラットで、窓口が違うと言うことでしょうか?別のと言うのは民間のとう事でしょうか?イマイチ分かりませんが、、、

金融機関次第。

フラットはあくまで年収。見込年収を算出する上で差引するにしても超過勤務かと。

そもそも話になりますが、見込年収で審査するという事は、フラットは外せない金融機関ですし、、、

審査に掛ける状況になってから、基準の換算法を知った所で、フラットや他の金融機関の換算法や審査結果が変わる訳ではないので、意味があるとは思えませんが、、、

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「フラット35」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる