ここから本文です

大河ドラマ「麒麟がくる」はどんな解釈で「本能寺の変」を描くと思いますか?

awa********さん

2019/11/2318:24:11

大河ドラマ「麒麟がくる」はどんな解釈で「本能寺の変」を描くと思いますか?

■徳島新聞にこんな投書がありました・・・

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」は、悪役だった明智光秀が主人公になる。本能寺で主君の織田信長を討った理由は怨恨だったのか。陰謀説や四国説もあったが、史料が乏しかった。5年前、土佐の長宗我部元親が光秀の重臣に宛てた手紙が発見され、四国説にスポットが当たった。 三好長慶の没後、元親は阿波、讃岐に侵攻して四国統一を目指した。信長は容認していたが、突然「土佐と阿波の南半分しか認めない、残りを返上せよ」と迫った。元親の強大化を恐れたとされるが、信長の家臣になっていた三好康永(長慶の叔父)の巻き返しが大きかった。
康永は光秀のライバル羽柴(後の豊臣)秀吉と組んで阿波の奪還を目指していた。元親は領地返上を拒んでいたが、手紙では阿波から退却する意思を示して信長への取り成しを依頼している。しかし、信長が四国攻めの命令を下した後であり、手紙は届かなかったようだ。
以前から光秀は元親と親交があって信長との交渉役を務めてきた。この期に及んでは、織田と長宗我部の合戦は避けられない。
四国説とは、板挟みになった光秀が盟友の元親を助けるために謀反に及んだというものだ。大河ドラマがどんな解釈で本能寺の変を描くのかに注目したい。

閲覧数:
392
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cre********さん

2019/11/2418:12:47

明智さんは斎藤道三とも親戚筋と聞きます。帰蝶はスパイの役割を担っていたとも思えます。明智は足利氏の家来でしたので、足利氏、イエズス会、本願寺、堺の町人、秀吉等が全て関与して行われたと言うように思えます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「麒麟がくる」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

山本知彦さん

2019/11/2321:24:10

最近の調査によると、信長はかなり生真面目な男で、
天皇への忠誠心も堅く、天皇からの信頼も厚く
事実上の征夷大将軍となったが、
信長の兵力が急速に増していくに従い、天皇家は信長を
恐れるようになり、次第にこれを滅ぼそうと考えるように
なったと思います。

一方、光秀は徳を積んだ穏やかな男で、めったに乱れることは
なかったと言われています。しかし、足利家や比叡山延暦寺、
四国・長宗我部氏とのつながりは太くて、最終的には信長との
距離が開いていったのではないかと思います。

足利家もチャンスをうかがいつつ、天皇と結んで、信長を
倒そうとし、再び天下(京都・奈良・大阪周辺のこと)を
我がものにしようと考えた可能性があります。
家康も打倒信長の機会をうかがっていたかも知れません。

このような中で、光秀は天皇を中心とした打倒・信長勢力の
大作戦に加担して、その急先鋒に立ってしまったのではないか、
しかし光秀は反信長勢力に裏切られる、
という筋立てだと見ています。

var********さん

2019/11/2320:58:01

四国の国力、軍事力なんて、ヘナチョコ。怖くない。山ばかりで何も無い所だよ。大したことないので、後回しにしてただけ。九州とは違う。日本で1番楽に支配できる場所。信長の左翼的性格と、光秀の右翼的性格から、朝廷と光秀は関係が無いとは言えない。信長に対する恨みと、朝廷との絡みの複合だね。

tun********さん

2019/11/2319:43:48

まあいくら何でも俗説の、家康の接待ミスで信長に面罵されたからとか、丹波・坂本を取り上げられたから、とかの怨恨説、はないと思います。
その他の諸説のうち、「放送的にみて何が一番見栄えするか」で、ストーリーが決められるでしょう。どうせ、どの説も確証と言えるほどのものはないのですから。
この立場から想像すると、四国攻め説は有力ですが、もう一つ見栄えがしないように思います。
四国攻め説を取り込みつつ、光秀の天下取り説が一番見栄えがするように思います。
信長の天下の志に共鳴して仕えてきたのにも関わらず、晩年の信長の行動が悪逆非道化の一途をたどり、ついに天皇家の上に立とうとまでした。
このままでは、日本が恐ろしい世界になる、自分がとって代わりまともな日本を作るしかない。
最後のセリフ、「ワシの望みは、ついえた。しかし秀吉がそれを実現してくれるだろう」。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/11/2319:40:02

織田信長を演じるのが、染谷将太。帰蝶を演じるのが沢尻エリカ、から代わって川口春奈。

この配役から考えて、ドラマの中で重要なのは信長よりも帰蝶であると予想できます。

例えば、帰蝶を救うために信長を殺す、なんて展開もありうるかなと思います。信長は子だくさんですが、帰蝶との間には一人の子もなさなかった。そこを指して、帰蝶は早い時期に織田家を去っている、あるいは死んでいるとの説もある訳ですが、二人の関係が早くから冷めきっていたという解釈も、成立するかもしれません。

まあ、明智光秀は愛妻家であったことが一つの値打ちですので、光秀と帰蝶の恋愛話にはならないと思うのですが、『風林火山』の中の山本勘助と由布姫の関係を、明智光秀と帰蝶に移して描いていく、なんて展開はありそうな気がします。

peace2qazさん

2019/11/2318:46:16

(長宗我部の)敵は本能寺に在り、という解釈は苦しいと思います。

比叡山延暦寺の焼き討ちを率先して行った男が、いまさら長宗我部に同情することはないのではないでしょうか。

大河ドラマでは含みを持たせるのでしょうが、織田家の成長に光秀も貢献しています。長宗我部のためにこれまで苦楽を共にした羽柴・柴田・丹羽らと戦うとは思えません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる