ここから本文です

日本よりも中国のほうがアジアのトップに相応しいですよね?

アバター

ID非公開さん

2019/11/2411:44:53

日本よりも中国のほうがアジアのトップに相応しいですよね?

閲覧数:
722
回答数:
44

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/11/2411:50:58

相応しいというか事実なんですよね。。。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/43件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

toe********さん

2019/12/106:27:45

●【主張】中国の人権問題 弾圧者が国賓でいいのか 日本は欧米と足並み揃えよ
2019.12.1 05:00
https://www.sankei.com/column/news/191201/clm1912010001-n1.html
中国政府によるウイグル弾圧の様子を記した内部文書が明らかになり、世界に衝撃を与えた。
強制収容所とハイテク監視装置を用いた極めて深刻な人権侵害だ。
米国や英、仏、独などは中国を非難し、拘束された人々の解放と国連監視団の受け入れを要求した。
香港問題をめぐっては、米上下両院のほぼ全会一致とトランプ米大統領の署名によって、民主派を後押しする
「香港人権民主法」
が成立した。
中国政府は反発しているが、深刻な弾圧は疑うべくもない。
人権は誰もが享受すべき権利である。
どの国の政府であれ侵害することは許されない。
≪政府の反応は鈍すぎる≫
隣国で過酷な弾圧が行われているにもかかわらず、日本政府や国会の反応は鈍すぎる。
安倍晋三首相や茂木敏充外相は何をしているのか。
もっと抗議の声を上げ、弾圧に苦しむ人々に救いの手を差し伸べなければならない。
とりわけ懸念されるのが、習近平中国国家主席の国賓としての来日だ。
日中両政府は来春の実施で合意している。
だが、極めて深刻な人権弾圧の最高責任者を国賓として招いていいのか。
米紙や国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が入手した中国政府の内部文書は、すさまじい内容である。
中国は現地にハイテクの大規模監視システムを構築した。
監視カメラの映像や携帯電話の中身の解析、携帯アプリや人工知能(AI)によるサイバー空間監視により、多数のウイグル族を
「要注意人物」
と決めつけた。
約800万人いるウイグル族のうち約100万人の
「要注意人物」
を拘束し、裁判を経ずに
「職業教育訓練センター」
と称する強制収容所に送っている。
ウイグル語でなく中国語を使わせ、共産党への忠誠を誓わせる洗脳を行っている。
毛沢東やスターリン、ヒトラーが用いた強制収容所が今も中国に存在しているのである。
元収容者たちは、拷問や自己批判、イスラム教が禁ずる豚肉食の強要があったと証言する。
反イスラム的な
「文化浄化」
だ。
内部文書によって、習主席が2014年、新疆ウイグル自治区での暴動発生を受けて現地視察した際、非公開演説で
「情け容赦は無用だ」
と強硬な対応を指示していたことも分かっている。
中国政府は内部文書について
「でっちあげで偽ニュースだ」
と反発したが、ポンペオ米国務長官は
「数々の証拠と一致する」
と指摘した。
ポンペオ長官は
「恣意的に拘束した全ての人々の即時解放」
と弾圧停止を要求した。
各国に中国へ圧力をかけるよう呼びかけた。
フランスのルドリアン外相は中国政府に対し
「恣意的な大量拘束の中止」
と、収容所閉鎖および現地情勢確認のための国連監視団受け入れを求めた。
英独両政府も中国を批判し、国連監視団受け入れを要求した。
≪首相は首脳会談で迫れ≫
米国は10月、ウイグルでの人権侵害に関わったとして監視カメラ世界最大手など28の中国企業・団体を禁輸の制裁対象とした。
「一国二制度」
順守や民主を求める多くの香港の市民は、米国の香港人権法に勇気づけられている。
ウイグルや香港の人々を守ろうと動く国々の中に、日本の姿がないのは残念だ。
日本は10月、
「ウイグル族拘束中止」
を求めた国連での23カ国声明に名を連ねた。
だが、その後はウイグルや香港問題について
「大変憂慮している」
「注視している」
と繰り返すばかりだ。
及び腰では中国政府は痛くもかゆくもないだろう。
尖閣問題などをみれば頷けないが、安倍政権は
「日中関係は正常化した」
と繰り返している。
だが、2国間関係だけに気を配り、深刻な人権問題を軽視していいはずもない。
日本が本当に人権を重んじる国なら、米英仏独などと協調して弾圧停止へもっと努力すべきではないか。
安倍首相は12月下旬の訪中で、習主席と会談するはずだ。
ウイグルの人々の解放と国連監視団の受け入れ、香港の民主派弾圧の停止を正面から迫ってもらいたい。
習主席が聞き入れなければ、国賓として招くことは難しくなると率直に説いたらいい。
弾圧を続ける最高責任者を国賓として歓迎する日本を、ウイグル、香港や世界の人々に見せたくない。

●山田宏 自由民主党・国民の声
2019年11月07日 参議院 外交防衛委員会
https://www.youtube.com/watch?v=Mdu4zKhBivE

●ウイグルで進む中国化 民族・街の改造加速 「明日の香港」懸念も
2019.11.28
中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区のウイグル族居住区に掲げられた「愛党愛国」と書かれたスローガン=2018年2月(共同)
https://special.sankei.com/a/international/article/20191128/0001.ht...

●ウイグル再教育施設、実態は「刑務所」 厳格監視で脱走防止、思想教育徹底 流出文書で判明 AIで要注意人物抽出
2019.11.27
中国新疆ウイグル自治区の「職業教育訓練センター」のフェンス脇を歩く人々=2018年9月(ロイター)
https://special.sankei.com/a/international/article/20191127/0002.ht...

●米国務長官、ウイグル弾圧で中国に「弾圧政策やめよ」と要求
2019.11.27 11:33
https://www.sankei.com/world/news/191127/wor1911270011-n1.html

●中国、大規模監視でウイグル弾圧 システムが個人情報分析
2019年11月25日 6時0分 共同通信
ウイグル文書のポイント
中国政府が新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族らを監視する大規模システム
「一体化統合作戦プラットフォーム」(IJOP)
を構築し行動を把握、恣意的な拘束や施設への大量収容を行っていたことが25日までに分かった。
監視カメラ映像や携帯電話の中身などあらゆる個人情報を解析し、多数のウイグル族を潜在的
「危険分子」
としていた。
共同通信が参加する国際調査報道ジャーナリスト連合が中国当局の内部文書を入手した。
「職業教育訓練センター」
と称した収容所でウイグル語でなく中国語を使わせ、民族文化を事実上捨てさせている運営指針も文書で分かった。

●中国、ウイグル大規模監視 個人情報解析し収容強化
2019年11月25日 産経新聞
中国政府が新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族らを監視する大規模システム
「一体化統合作戦プラットフォーム」(IJOP)
を構築し行動を把握、恣意的な拘束や施設への大量収容を行っていたことが25日までに分かった。
監視カメラ映像や携帯電話の中身などあらゆる個人情報を解析し、多数のウイグル族を潜在的
「危険分子」
としていた。
国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が中国当局の内部文書を入手。
IJOP運用の指示が記されていた。
ICIJは複数の専門家の検証を経て文書は真正と判断。
米国が中国政府のウイグル族弾圧に対し圧力を強める中、人権侵害を裏付ける文書が明らかになり、国際的な非難の声が高まるのは必至だ。
ICIJに加わる英紙ガーディアンに、英国の中国大使館は文書が
「全くのでっち上げでフェイクニュース」
と答えた。
国際人権団体はIJOPがテロ撲滅の名目で人工知能(AI)による顔認証など最新技術を駆使して情報を収集、独自のアルゴリズム(計算手法)で標的となる人物を抽出すると指摘していた。
「職業訓練センター」
と称した収容所でウイグル語でなく中国語を使わせ、民族文化を事実上捨てさせている運営方針も文書で分かった。
2017年6月25日付の自治区共産党委員会の文書は、IJOPが同月19~25日に南部4地区で約2万4000人の
「疑わしい」
人物を特定したと記載。
うち約700人を刑事手続きで拘束し、約1万5000人を
「教育と訓練」
のため収容所に送った。
IJOPは外国籍を取得したり、海外に渡航したりしたウイグル族も監視。
2017年6月16日付文書は、国外の新疆出身者を特定し、テロ関与の疑いがあれば
「国境を越えた瞬間」
に拘束するか、収容所に送るよう要請した。
当局が問題視する携帯アプリを使った人物について同様の措置を指示した文書もあった。
職業訓練センターの運営方針を記した2017年の文書は、脱走を防ぐため
「生徒」
の入浴や食事中も監視を要求。
「心理的な矯正教育」
を強調し中国語の授業徹底を命じた。

●米紙、中国のウイグル弾圧内部文書を報道 習主席「情け容赦は無用」
2019.11.18 10:06 産経新聞
17日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、中国当局による新疆ウイグル自治区のイスラム教徒少数民族ウイグル族らに対する弾圧の実態が記載された中国政府の内部文書を入手したと伝えた。
弾圧をめぐる中国政府の内部文書が大量に流出し外国メディアに報じられるのは異例。
同紙によると文書は24通で、全体で計403ページ。
中国で一定の政治的立場にある関係者が匿名を条件に提供したとしている。
文書によれば、中国の習近平国家主席が2014年春に自治区での暴動発生を受けて現地を視察した際、非公開の場で当局者らに演説し、ウイグル族の取り締まりは
「テロや分離主義との戦いだ」
と位置づけ、
「情け容赦は無用だ」
と述べて弾圧を督励した。
また、中国政府がウイグル族らを強制収容し、テロ対策を目的に
「職業訓練」
を行っていると主張している施設では、実際には外部から隔絶された環境で徹底した思想教育が行われていることが文書から判明したとしている。
文書によれば、2017年以降、強制収容されたイスラム教徒少数民族は数十万人に上るという。
同紙によると、文書を提供した関係者は、ウイグル族の大量拘束や強制収容は
「間違っている」
との感慨から習氏ら共産党指導部が責任を免れることのないよう公開することにしたと説明した。

ミキチさん

2019/11/2823:35:49

共産党があるのと、こう言っちゃなんだけど、国民の民度が低いからねえ。
相応しいとはちょっと言いがたい感じがする。
結局今の段階での中国は、経済の面においてのみ台頭してきたってだけだろうからねえ。
それも国民抜きのトップダウンですべてを決められるという、それだったらどこの国でも楽にやれるよって感じの経済成長スタイルだからねえ。
第一、欧米を初めとして共産党アレルギーってのは、想像以上に強いからねえ。
経済の面で利用できるうちは中国様々だけど、経済以外の分野にまで入ってくるとなると、どこの国でも拒絶反応起こすんじゃないの?
ましてや中国共産党は、代々の各国共産党の中でも、殊に評判が良くないからねえ。
そのうえ民度の低い国民が流れ込んでくるとあったら、まあ金の切れ目が縁の切れ目で、どこの国も、どこの国民も、トップにさせないようにするんじゃないのかなあ。
経済力だけを見ればトップに相応しいけどね。
でもそれは共産党の存在があっての話だからね。
まあアジアのトップに相応しいかどうかは、もう30年ほど様子見てからだね。

aja********さん

2019/11/2821:22:19

人口が桁違いに多いので成長する余地はかなりあると思います。日本は少子高齢化が深刻なので早く対策をする必要があるのが現実です。

acr********さん

2019/11/2820:38:20

面積が大きいし人口が多いから力はあると前々から思っていました。でも言いたいことも言えない体制ではトップにはふさわしくないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

hnc********さん

2019/11/2815:26:17

日本政府は習近平を国賓で招くのは早々にやめるべきだ。

●問答無用の蛮行を繰り返す中国 残る人質を返せ!
月刊WiLL2020年1月特大号
ジャーナリスト 高山正之
産経新聞外信部次長 矢板明夫
中国に拘束された日本人の数はどこの国よりも多い。
新しい拉致事件と言えないか。
■昔から変わらない中国
★高山
気になる話題と言えば、北大法学部の岩谷將(のぶ)教授が中国で拘束されたことだ。
結局、解放され帰国したけど。
★矢板
中国政府系シンクタンク、中国社会科学院近代史研究所から研究報告のため招聘されて、北京に行ったところ拘束されたようです。
★高山
研究テーマは日中戦争の外交問題だった。
金玉均(李氏朝鮮後期の政治家・朝鮮独立党の指導者)は、中国の招聘に応じて上海に行ったところを暗殺された。
清国のお尋ね者だった孫文がロンドンでの災難を、渡辺惣樹(日本近現代史研究家)がどこかで書いていた。
彼は街中で親切な英国人紳士の男に誘われる。
ついていったらそこが清国公使館で、監禁拘束されちゃった。
孫文は英国の干渉で自由の身になるけれど中国人のやり方は、本当に昔から変わらない。
今度、この事件に対して、早稲田大学名誉教授の天児慧(あまこさとし)は中国政府に言葉にし難い衝撃を受けた、もう中国に誘われても怖くて行けないと
「深い懸念」
を表明した。
天児は朝日新聞の子飼いみたいなタイプで、
「新しい日中関係を考える研究者の会」
の代表幹事を務めるもろ親中派だ。
何をやっても中国は正しい、日本は悪いとしか言わない男だ。
それでもさすがにショックを隠せなかったようだ。
★矢板
自分たちも中国に行けば拘束されるかもしれないという恐ろしさがあるのでしょう。
ただ、天児氏たちは日本政府が悪いという立場を崩すことはありません。
中国を利用して日本を叩く。
ところが、中国政府の言うことがよく変わるから、その都度、発言を修正しなければいけない(笑)。
それで発言に矛盾を来すことがあります。
■国際ルールは完全に無視
★高山
岩谷氏がスパイ活動なんてするはずないだろう。
★矢板
元々防衛省の付属機関である防衛研究所や外務省に勤務した経験があります。
そういう経歴から、中国当局にマークされていたのかもしれません。
それと中国のロジックからすると、
「スパイ」
の概念が広くなってしまうのです。
1996年、李登輝氏が台湾総統選で初めて勝利を収めた時の話ですが、彼の就任演説は世界中のメディアで掲載されています。
ところが、中国国内では国家機密扱いになる。
その文書を中国国内で入手した日本人がいました。
カバンに入れて、帰国しようとしたところ、捕まってしまった。
★高山
国家機密でも何でもないじゃないか(笑)。
★矢板
国際ルールを完全に無視して、中国で独自につくった理解不能なルールに則って逮捕・拘束をするのです。
温泉掘削に協力した日本人を捕らえたケースすらあります。
特殊な装置で地下を調べていたところ、秘密の地下基地をのぞいてしまったようなのです。
★高山
前にはフジタ(ゼネコン=総合建設会社)の社員4人が拘束された事件があった。
★矢板
2010年、尖閣諸島沖で衝突事件が起きた際、中国人船長を日本が逮捕、那覇地検に送検されています。
日本の国内法に基づいて粛々と進めるとしていたのですが、中国側は抗議するものの、日本側は取り扱いませんでした。
その頃、フジタが中国国内で作業をしていたのです。
何をしていたかと言えば、旧日本軍の遺棄化学兵器処理事業に関連する現地調査のため、河北省に入っていました。
現地の中国人に手伝わせて死亡事故でも発生したら日中関係がこじれる可能性があったので、全員日本人で処理することにしたのです。
遺棄化学兵器がある所は、軍事施設があった場所で、立入禁止区域になっている場合がある。
でも、仕事のためフジタの社員は行かざるを得ないでしょう。
中国人の案内役も連れて、実地検分をするわけですが、ある日、案内役の人間が来ないと連絡が入ったのです。
そこで日本人だけで調査に行ったところ、取り押さえられてしまった。
★高山
冗談みたいな話だ(笑)。
■日本外交の人質
★矢板
スパイ容疑なのですが、中国では最高刑で死刑です。
尖閣諸島問題に乗じた拘束なのは間違いないと思いますが、いくら何でも死刑は酷すぎる。
産経新聞は死刑とは書きませんでしたが、共同通信など他のメディアは
「スパイ容疑で拘束 最高刑死刑」
という見出しでした。
当時の民主党政権はこの事件に驚き、船長を釈放せず、4人の社員が死刑になったらまずいと、慌てて釈放を決めたのです。
★高山
日本は中国のやり方に対して、もっと強腰で大使引き揚げくらいやればいい。
あの時は菅直人の民主党政権だったけれど、今は安倍政権なんだし。
★矢板
伊藤忠の社員も拘束されました。
懲役3年の判決が出たようです。
★高山
赤字の国に大金を投資している会社じゃないか。
★矢板
伊藤忠のトップだった丹羽宇一郎元中国大使という親中派がいるにもかかわらずですからね。
2015年以降、中国に拘束された日本人は男女合わせて14人(うち実刑判決は8人)です。
2番目がカナダ人で8人ほど。
考えてみると、新しい拉致事件と言えませんか。
(2019年11月27日に新たに1人加わって15人に上ることが判明した)
★高山
どうして解決できないんだろうか。
★矢板
2019年6月末、大阪でもG20が開催されましたが、習近平も訪日していました。
来日直前まで、習近平は公式訪問として準備していたのですが、突然、中国で拘束されている日本人の判決が次々と下されるようになったのです。
中国国内で法的手続きが終了すれば、国外追放という形式で帰国させることができます。
習近平側としてはその意図があったわけですが、香港デモが激化、安倍首相に
「香港デモについて言及するな」
と圧力をかけてきたそうですが、安倍首相が言及。
そのため、習近平側としては
「公式訪問」
の看板を下ろさざるを得なくなり、拘束している日本人も返さないとなったのです。
★高山
日本外交の人質と言える。
民主党政権時代と、やり方が全く同じだ。
★矢板
そうですよ。
しかも、日本政府側も何ら発信していません。
ただ産経新聞がずっと書き続けていたためか、最近の日中の首脳会談や外相会談では
「早期解決を期待します」
「国内法に基づいて粛々とやっています」
という会話が、時候のように交わされています(笑)。
■蛮行を繰り返す中国
★高山
香港デモに目を向けると、デモ隊に対して、香港警察が発砲し、重傷者が出始めている。
至近距離で発砲したシーンには驚くよね。
ベトナム戦争のシーンを連想した。
★矢板
ええ。
中国政府はマフィアを使って弾圧を始めています。
白シャツ集団は香港マフィア
「三合会(さんごうかい)」
の連中ですよ。
麻薬の密輸と売春が主な収入源ですが、広東省から若い女性を連れてきて、売春させています。
麻薬も広東省経由で流れ込んでいる。
広東省の警察がそのルートを絶ったら、香港マフィアはすぐに潰れます。
広東省の警察の言うことには唯々諾々と従わざるを得ない。
だから、マフィアの連中がデモ隊を襲っているのです。
★高山
そんな話を聞くと、日本人はかなわないな(笑)。
★矢板
今後、中国政府は香港デモに対して時間稼ぎをしてくるでしょう。
長引けば長引くほど、香港経済は立ち行かなくなる。
そうなると、香港市民も段々と嫌気がさしてきて、デモを支持しなくなり、人数も減ります。
その頃合い見計らって弾圧を始める。
★高山
兵糧攻めみたいなものだ。
★矢板
香港の警察隊が催涙ガスを使っていますが、元々は米国や英国から輸入したものを使用していました。
ところが、人権弾圧の下に輸出を禁止したのです。
今は中国製の催涙ガスを使っていますが、質が劣悪なので、人の健康に様々な危害を与えるようになってしまった。
人権弾圧がより悪化したと言えます。
★高山
これから死者の数が増えていく一方だろう。
★矢板
「勇武派」と言われる20代の連中がデモの最前線で戦っていますが、実はすでに20名近く亡くなっています。
自殺扱いで処理されていますが、遺書もなく短期間にこれだけの人数が死んでいるとなると、全員自殺とは考えにくい。
中には警察に殺された人もいるのでしょう。
そうやって恐怖心を植え付けているのです。
★高山
こういう話を聞くと、中国は一筋縄ではいかない国だとつくづく思う。
多分、香港は第2の天安門になる。
大殺戮が行われ、国際非難が轟々の中、習近平は国賓として日本に来る。
安倍首相が出迎え、今上天皇と親しく会い、国際批判を躱す。
平成上皇の中国訪問と同じパターンに使われる可能性は大きい。
それを考えれば、日本政府は習近平を国賓で招くのは早々にやめるべきだね。

●中国また日本人拘束 50代の男性、湖南省で 国家安全当局か
2019.11.27 13:39
https://www.sankei.com/world/news/191127/wor1911270012-n1.html
【北京=西見由章】
中国湖南省長沙市で今年7月、50代の日本人男性が中国の国内法に違反したとして拘束されたことが27日、分かった。
日本政府関係者が明らかにした。
男性を拘束したのは防諜工作などを担当する国家安全当局とみられる。
2015年以降、スパイ行為に関与したなどとして中国当局が事実関係を明らかにしないまま拘束した日本人男女は少なくとも15人に上ることになる。
日本政府は男性に領事面会や家族への連絡などの支援を行っているとしているが、拘束容疑などは明らかにしていない。
これまで邦人9人が懲役15~3年の実刑判決を言い渡され、うち2人が上訴している。
今月15日に
「保釈」
された北海道大の男性教授ら5人は解放され帰国した。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる