ここから本文です

サッカースウェーデン代表の歴代のスタープレイヤーと呼べる選手を出来るだけ多く...

アバター

ID非公開さん

2019/12/601:00:03

サッカースウェーデン代表の歴代のスタープレイヤーと呼べる選手を出来るだけ多く教えてください!

閲覧数:
31
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2019/12/701:26:03

・ニルス・リードホルム(40年代~50年代)
48年ロンドン五輪金メダル、58年W杯準優勝時の大黒柱。ACミランで長期間活躍し、黄金時代を築く。
ポジションはインサイドフォワードやハーフバック。攻守の要となる選手。

・グンナー・ノルダール(40年代~50年代)
48年ロンドン五輪金メダル時のエースストライカーで五輪得点王。ACミランで長期間活躍し、セリエA得点王5回、セリエA歴代得点3位、外国人得点歴代1位を誇る。
ポジションはセンターフォワード。彼のような強力外国人FWが50年代のセリエAで大活躍したことが守備重視戦術のカテナチオ誕生につながりました。

・グンナー・グレン(40年代~50年代)
48年ロンドン五輪金メダル、58年W杯準優勝の立役者。ACミランでも活躍。
ポジションはインサイドフォワード。現在でいうところのセカンドトップや攻撃的MF。

・レンナート・スコグルンド(50年代)
58年W杯準優勝の立役者。インテルで長期間活躍。
ポジションは左ウイング。

・クルト・ハムリン(50年代後半~60年代)
58年W杯準優勝の立役者。フィオレンティーナで長期間活躍。セリエA歴代得点8位。
ポジションは右ウイング。

・ラルフ・エドストレーム(70年代)
74年W杯で活躍。ポジションはセンターフォワード。

・ローランド・サンドベリ(70年代)
74年W杯で活躍。ポジションはセンターフォワード。

・トーマス・ラベリ(80年代~90年代)
94年W杯3位の立役者。同大会屈指のGKに数えられる。
ポジションはGK。

・トーマス・ブロリン(90年代前半)
94年W杯3位の立役者。怪我により短命だった選手。
ポジションはセカンドトップや攻撃的MF。運動量豊富で俊敏さが武器。

・マルティン・ダーリン(90年代)
94年W杯3位の立役者。
ポジションはセンターフォワード。

・ケネット・アンデション(90年代)
94年W杯3位の立役者でエースストライカー。
ポジションはセンターフォワード。ポストプレーが得意。

・パトリック・アンデション(90年代)
94年W杯3位の立役者で、ディフェンスリーダー。
ポジションはセンターバック。

・ヘンリク・ラーション(90年代から00年代)
02年W杯、06年W杯で活躍。
ポジションはセンターフォワード。抜群のポジショニングが武器。

・フレドリック・リュングベリ(00年代)
02年W杯、06年W杯で活躍。03-04年シーズンの無敗優勝時のアーセナルのレギュラー。
ポジションは右サイドハーフ。抜群のスピードが武器。

・ズラタン・イブラヒモビッチ(00年代から10年代)
ポジションはセンターフォワード。長身でアクロバティックなプレーが武器。
スウェーデン代表歴代最多得点。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

aja********さん

2019/12/602:45:12

1940年代~50年代
グンナー・グレン
グンナー・ノルダール
ニルス・リードホルム

1990年代~2000年代
ヘンリク・ラーション
フレドリック・ユングベリ

2000年代~2010年代
ズラタン・イブラヒモビッチ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる