ここから本文です

電気店で OM-D EM10 mark3 触ってきたんですが C-AFで 半押しして、顔の印刷物...

f12********さん

2019/12/123:46:39

電気店で OM-D EM10 mark3 触ってきたんですが

C-AFで 半押しして、顔の印刷物にフォーカス合わせたら、ピントが外れたり合ったりを繰り返してる感じになってました。

ソニーの α6400や キヤノンの M6
はそういうことありませんでした。
どういうことですか???

EM10 mark3には像面位相差AFが採用されてないからですか?

閲覧数:
63
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/12/220:09:35

コントラストAFはレンズを動かしてピントを合わせる。C-AFは動いているもの前提。だからわざとピントを外して適切かどうかを見る。コントラストAFの場合はS-AFにすること。

像面位相差AFはピントのずれがわかる。だから合っていれば動かない。しかし像面位相差は暗い場所でピントが合わない。あるいはとても遅くなる。さらに像面位相差はピントの正確さで劣る。一回測ってその値で決め打ちする。しかし完全には合わせきれない。一長一短だね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hansamuno2さん

2019/12/213:54:50

像面位相差があってないだけでピントはその場で止まっています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる