ここから本文です

江戸時代の庶民の夫婦は互いに共働きで

ffh********さん

2019/12/304:48:29

江戸時代の庶民の夫婦は互いに共働きで

夫婦別財産であり互いに自立していて夫婦の関係は
対等だったのに変わってしまったのは何故ですか?
まあ明治政府が家父長制を庶民にも
適用したからでしょうかね。

閲覧数:
19
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fxc********さん

2019/12/304:56:36

>江戸時代の庶民の夫婦は互いに共働きで夫婦別財産であり互いに自立していて夫婦の関係は対等だったのに変わってしまったのは何故ですか?



旦那の稼ぎが少ないから。

大商人の妻は、その点は楽だった。旦那の稼ぎで物見遊山にあけくれるのもいれば、家業に精出すしっかりものもいた。現代と同じ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bro********さん

2019/12/310:13:10

江戸時代、百姓、武家、神官、医者、町民、みな妻は家長に従属していた。夫婦別財産など考えられない。”夫婦別財産であり互いに自立して”など、一体どこを夢想しているの?阿保らしい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる