ここから本文です

①飲食店が「あなたはお店に入らないでください。」と言って、それでも入ってきたら...

アバター

ID非公開さん

2019/12/511:56:26

①飲食店が「あなたはお店に入らないでください。」と言って、それでも入ってきたら、警察を呼んで、逮捕してもらえますか?

②家電メーカーが「あなたは当社の製品を買わないでください。」と言って、それでも買ったら、買っていない人と同じ扱いが可能ですか?

閲覧数:
57
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2019/12/512:09:08

まず、店側は入店に対して規制を設けることができます。

ただし、それは営業を継続する上で正当な理由が必要です。
年齢制限・ドレスコード・性別などがそれにあたります。

逆に差別的な理由、身体的な理由・国籍や肌の色などを理由に入店を拒否
すると、名誉棄損で訴えられる可能性があります。

さらに、それを守ったうえで営業を妨害し損害を被ると判断した者(悪質
なクレーマー等)も入店の拒否が可能ですが、どおまでが「悪質か」の判断
が難しいところです。正当なクレーム(商品が壊れていたなど)を言った
人に対して出入り禁止を突きつけて名誉棄損で賠償を命じられる判例も
少なくないので要注意ですね。


>家電メーカーが「あなたは当社の製品を買わないでください。

これに関しても同じことが言えます。ただ、こちらに関して正当な理由は
ごく限られたものになりますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/12/1016:55:56

家電量販店などでは依然万引きをおこしたり
クレーマーだったりすると入店拒否をします。
例えば壊れてもない商品を数年使って
定期的に交換しろとかです。
メーカーが泣き寝入りするのです。
完全に営業妨害です。
法的には民事で解決しろと
警察は言うでしょうが
たまったもんではありません。

器物破損 暴行 障害は別ですが・・・

par********さん

2019/12/519:47:03

1、法的には拒否できます。
形式的には住居侵入罪(建造物侵入罪)および不退去罪ですが、警察が逮捕するかどうかまでは不明。
再三の警告にもかかわらず立ち退かない、などの理由がなければたぶん無理でしょう。

合理的な理由などは必要なく、「店主が気に入らない」という理由でも良いです。
契約自由の原則ですから、客が店を選ぶ権利があるのと同じように店にも客を選ぶ権利があります。
ただし人種などによる差別ならばNGである可能性があります。

2、メーカーは購入者と契約を結ぶわけではないので、拒否できる根拠はありません。

map********さん

2019/12/514:35:38

①状況によっては対応してくれるでしょうが、傷害者がいるとか器物破損があるとか脅迫などを現認でもしないかぎり、逮捕はないんじゃないですかね?

②既に販売店の物になっているのですから、メーカーが口出し出来る事ではありませんし、販売店に圧力をかければ、それこそ営業妨害でしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nao********さん

2019/12/512:38:07

①については拒否する合理的な理由がなければ、警察を呼ぶと反対に店が怒られます。また、不退去罪を適用させるのであれば「再三に亘る退去要請」でなければ、難しいかもしれません)
②については、販売店がそのような主張をするのは可能でしょうが現実的にメーカーが実行することは困難だと思います。これもまた拒否する理由に合理性があるのか?という点が問題です。

tab********さん

2019/12/512:04:22

逮捕かは怪しいだが、つまみ出してはくれますね。2は買うのを阻止出来ない以上、メーカー保証等は対応せざるを得ないのでは、と思う。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる