ここから本文です

住宅借入金等特別控除申告書の連帯債務の割合について教えてください。 年末残...

えみりんさん

2019/12/512:00:00

住宅借入金等特別控除申告書の連帯債務の割合について教えてください。

年末残高30000000万円

家屋(取得対価額) 8000000円
土地(取得対価額)12500000円

20500000円

家屋(取得対価額) 8000000円
計 8000000円

家、土地等の総床面積や床面積はいずれも100パーセントです。

連帯債務の割合の決めは、夫婦間で決めるものなのでしょうか?
当初、土地も共有名義で進めてましたが、不動産屋の手続がうまくできておらず、夫名義となりました。
共有名義であれば、妻の土地(取得対価額)が記載され、控除額も多くなるかと思いますので、損した気持ちです。

そして、夫の20500000円(取得対価額)に対して、連帯債務の年末残高は折半の15000000円になりますか?
ここの決めは夫婦間で調整していいものなのでしょうか?申告書の下段に年末調整のための住宅借入金特別控除証明書には、205000円とあります。
ローン折半だと、控除額が15万に減りますので、連帯債務の割合の考え方を教えていただけませんか?

閲覧数:
121
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ku_********さん

2019/12/514:06:44

いろいろとあり得ない点だらけなのですが、そこを指摘・説明するのはチョット面倒なので、簡単に回答します。

>住宅借入金等特別控除申告書の連帯債務の割合について教えてください。

負担割合の事だとして、、、
最初に税務署へ住宅ローン控除の申告をした際の割合です。他人に聞いても分かる物ではありませんので、付表2など申告時の控えを確認してください。

>連帯債務の年末残高は折半の15000000円になりますか?ここの決めは夫婦間で調整していいものなのでしょうか?

上記の通り。最初に申告した際の負担割合になり、それ後から変更する事は出来ません。

>連帯債務の割合の考え方を教えていただけませんか?

基本は、持分などにより計算して(付表2)決まります。夫婦間の(取決め)内部的契約により、負担割合を決める事も可能ですが、、、

内部的契約により、計算により求めらる負担割合と一致しない、又は合理的でない割合などに決めた場合は贈与になります。

税務署に確認してください。

  • この返信は取り消されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

oio********さん

2019/12/514:04:30

3兆円の借金ですか。

連帯債務割合は債務者間で任意に決めることができます。
通常は収入の割合で連帯債務割合を決め、その割合で資産の持分を決めます。

自己資金を出さず全て借入金で購入したとした場合、収入の割合、資産の持分、連帯債務割合が一致しなければ贈与となります。

例えば、3000万円の借入金の連帯債務割合を50:50にすると夫は1500万円の借入金で2050万円の資産を取得したことになるので少なくとも550万円は妻から夫への贈与となります。

又、収入の割合と連帯債務割合が違う場合はその違う額がその年の贈与となります。贈与税は110万円まで控除がありますから、この差額が110万円に収まるようにしないといけません。

連帯債務割合を任意ではなく計算で出す方法もあります。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/yoshiki/02/pdf/005.p...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる