ここから本文です

木造住宅の構造について 耐震等級3で構造計算をしたものに、さらに独断で筋違をつ...

iko********さん

2019/12/1117:24:51

木造住宅の構造について
耐震等級3で構造計算をしたものに、さらに独断で筋違をつけると耐震性能はあがりますか?

閲覧数:
144
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

福味 健治さんの写真

専門家

2019/12/1207:40:54

大阪で設計事務所をしています。

危険ですので、絶対にしてはいけません。特に許容応力度計算を行っているのであれば、柱の一本一本に地震時や台風時に最大どの程度の力が加わるのかが把握できています。
その為、力の加わる恐れのない柱については、引き抜き金物も力の弱い金物に抑えられています。そこに想定にない筋交いを設けて、柱に大きな力が加わる事になれば、金物が負けてしまい柱が抜けてしまいます。

また、構造設計を行う時、構造設計者はむやみに筋交いや面材耐力壁を配置している訳ではありません。建物が素直に揺れる様にバランスを考えて、耐力壁を配置しています。
このバランスを崩して、歪な耐力壁配置にすると、余分な力が建物に加わり倒壊の危険も出て来ます。
例え話しをしますと、高速で走っている自動車があったとします。左側の車輪のブレーキは通常のままにして、右側の車輪のブレーキを左側の2倍の制動力のあるブレーキに替えたとします。その様な状態で急ブレーキを踏むとどうなりますか?
車はスピンしますよね。車は、家に比べ剛性が高いですから、スピンで済みますが、これが建物なら倒壊してしまいます。

独断で筋交いを付ける事は、絶対にしてはいけません。

質問した人からのコメント

2019/12/12 10:57:30

ありがとうございました。
詳しくご説明いただいたので理解できました。

回答した専門家

福味 健治さんの写真

福味 健治

建築家

現代の“数寄屋”請負人。ローコストであなた好みの家を造ります

【一級建築士】 【設計専攻建築士】 【住宅性能評価員】 【応急危険度判定士】 【木造耐震診断受講者】 【IAU型免震設計資格者】 【被災度判定講習受講者】 【木造耐火建築物講習受講者】 【「All About プロファイル」認定建築士】 【読売新聞「マイベ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/12/1119:38:09

更に独断で筋交いを付けるとバランスの悪い家になります。

耐震等級は3までしかありませんが、耐震等級が有れば10等級以上に匹敵する住宅も市販されています。

地震で壊れない住宅を購入されます事をお勧めします。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2019/12/1118:20:24

①既に完成している設計図に、「手を加える(筋交いを足す行為)」をすれば、当然ですが「壁の耐力」もそれに関連して「N値(引っ張り力)」も変わりますので、「再計算」をする必要がありますよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yas********さん

2019/12/1117:44:09

必ずしもそうなりません。いれやすいところに筋交いを追加すると、一般的に北側に筋交いが集中します。その結果、建物の重心と強さの中心、剛芯が大きくずれてしまうことになります。その結果、北側はあまり揺れないのに南側が大きく揺れて、建物がねじれて崩壊するということになります。
強さも大切ですが、バランスも十分に検討する必要があります。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる