ここから本文です

昔の人は、冬はどう生きていたのだろう?

アバター

ID非公開さん

2019/12/1419:00:27

昔の人は、冬はどう生きていたのだろう?

干物だけでは無理があるし、やはり米を備蓄していたのかな?

あとは漬物も?

閲覧数:
99
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/12/1715:10:55

縄文時代の遺物にも木の実の詰まった壺とかあるんです。すりつぶして水に何度かさらしてアク抜きして火を通すようです。弥生時代には高床式倉庫のネズミ返しなどもあったようですよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tokioさん

2019/12/1422:43:58

近世はいいけれど、もっと昔になると・・・・・。

貧窮問答歌・・・山上憶良


風交じりの雨が降る夜の雨交じりの雪が降る夜はどうしようもなく寒いので,塩をなめながら糟湯酒(かすゆざけ)をすすり,咳をしながら鼻をすする。
少しはえているひげをなでて,自分より優れた者はいないだろうとうぬぼれているが,寒くて仕方ないので,麻のあとんをひっかぶり,麻衣を重ね着しても寒い夜だ。私よりも貧しい人の父母は腹をすかせてこごえ,妻子は泣いているだろうに。
こういう時はあなたはどのように暮らしているのか。

天地は広いというけれど,私には狭いものだ。
太陽や月は明るいというけれど,私のためには照らしてはくれないものだ。
他の人もみなそうなんだろうか。私だけなのだろうか。
人として生まれ,人並みに働いているのに,綿も入っていない海藻のようにぼろぼろになった衣を肩にかけて,つぶれかかった家,曲がった家の中には,地面にわらをしいて,父母は枕の方に,妻子は足の方に,私を囲むようにして嘆き悲しんでいる。
かまどには火のけがなく,米をにる器にはクモの巣がはってしまい,飯を炊くことも忘れてしまったようだ。
ぬえ鳥の様にかぼそい声を出していると,短いもののはしを切るとでも言うように,鞭を持った里長の声が寝床にまで聞こえる。
こんなにもどうしようもないものなのか,世の中というものは。
この世の中はつらく,身もやせるように耐えられないと思うけれど,鳥ではないから,飛んで行ってしまうこともできない。

2019/12/1420:19:10

おらの村は豪雪地帯だったんで、畑にいもやら白菜やらうめてたど。
甘味がでてうめえんだこれが・・・・
よくおやじがうめた位置忘れて一んち中はたけ掘ってたな。よく。

ソヨンさん

2019/12/1419:38:36

鰻の旬は冬なのでウナギ食べてそうですね、

鰻の旬は冬なのでウナギ食べてそうですね、

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2019/12/1419:33:00

冬には冬野菜もあるし、魚も獲れます。山間部では魚は塩漬けした物を保存食にしていました。

sak********さん

2019/12/1419:17:58

今でも豪雪地帯では室(むろ)や雪室(ゆきむろ)や風穴(ふうけつ)などがあります。つまり、土中や洞窟や雪の中にニンジン、白菜、ホウレンソウ、じゃがいも、たまねぎ、ごぼう、れんこん、だいこん、ブロッコリーなどを保管します。
春まで美味しく食べることができます。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる