ここから本文です

中古戸建を購入しました 契約時に 不動産屋さんから それぞれ冊子になっている ...

lll********さん

2020/1/406:57:49

中古戸建を購入しました
契約時に 不動産屋さんから
それぞれ冊子になっている
重要事項説明書と
物件情報確認書とを もらいました。

この二つの書類の
法律上の軽重は
あるものなのでしょうか?
教えて下さい
よろしくお願い申し上げます

閲覧数:
120
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

マエチンさん

2020/1/409:55:37

宅建業法では重要事項説明書は不動産仲介業者の
義務です。(宅建業法35条)
この35条書面は、売買契約を締結する前にやる事に
なってます。
で、以前は物件情報確認書や告知書はなかったのですが
売主・買主間のトラブル防止で近年になって追加された
書類です。今ではそれが定着してますので重説と一緒に
製本する業者もいます。

ですので、物件情報確認書や告知書がないからといって
ダメだという事はないです。
よくトラブルのが、『知ってたら買わなかった』というもめ事ですね。

質問した人からのコメント

2020/1/10 07:58:33

ありがとうございました。
感謝申し上げます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2020/1/510:29:37

「重要事項説明書」は、物件自体の詳細内容を説明する義務がある
法規定書類です

物件情報確認書?―――重要事項・・・・・の添付書類ではないのですか?
そのタイトルの書面は、私は聞いたことがありません。

ほかに「契約書」があり、これは相手との取り決めを交わす法規定書類
です。

そこで―――軽重が「あった」としたら、あなたはどうしたいのですか?

あなたの文面からでは推測できませんが、不動産関係の書類はわずかな
ファイルで収まる程度。もし処分を考えているならジャマになるものも
ないでしょう。保存しておいた方が無難です。

理解・承知で処分するなら自由ですが、後刻、苦しむのはあなただけ、
ですよ。

以上、参考になれば幸です。

なおやさん

2020/1/408:40:49

重要事項説明書ほ、宅地建物取引業法に定められた必要書類。業者はこれを交付しなければ違法になります。
物件状況説明書は、その添付書類に位置付けられるものです。売主から買主への物件の物件の現状について報告するためのもので、作成に義務はありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる