ここから本文です

CRF450Lわずか一年で生産終了。

アバター

ID非公開さん

2020/1/804:55:00

CRF450Lわずか一年で生産終了。

これ誰もが450CCで24馬力しかないのに買うのだよと言ってたら本当に売れずに生産終了しましたが、ホンダはなぜちゃんとマーケティングしなかったのでしょうか?

閲覧数:
166
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hal********さん

2020/1/807:56:26

予定台数を売ったから、終わりにしただけでしょ?昔のXLV750も500台限定だったしね。今ならXLVは、皆こぞって買うだろうが。CRF450Lは、ま、予定台数を作って売り切った。というだけですよ。

アバター

質問した人からのコメント

2020/1/8 10:48:14

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

元々長期間売るつもりのないバイクだったはずです。

今後も販売するためにはABS装着やユーロ5への適合等やらなければいけないことがたくさんあります。
この対策が事実上不可能なことはリリース時からわかっていたことです。

2020/1/808:55:54

CRF450Lは、オフロード・レーサーの
MotoGPマシンみたいなバイクです。

例えるなら、RC213V -S のオフロード版。

ピストンやコンロッドに、使用期限が設定されていて、
規定の距離数を超える前に交換が義務付けられている、
リアル・レーサーで、

通常の市販車とは、作りが根本的に違う、
特別仕様車なので、受注した台数しか生産されません。

ホンダの社員さんから聞きましたが、
製造工程も、ほぼレーサーと同じなので、
生産コストから言えば、
売れば売っただけ、赤字になるバイクだそうです。

それでも、これを販売するのは、
ホンダの技術力の高さを示す為と、
コアなオフロード・ファンに向けて
ホンダがライダーの要望に応えるメーカーだと
アピールする為なのだそうです。

「ホンダが本気出せば、ここまでやるぞ!」と。

オフロード・バイクは、ピークパワーが高いだけが
性能の良さではなく、トルクの過渡性や
重心バランス、サスペンション性能など
数値に出ない部分も多いそうで、

オフロード・レーサーに詳しい人には、
「こんな化け物を公道仕様で出すのか!」
と驚かれたらしいですよ。

sagubooさん

2020/1/806:37:06

別に、そもそも売ろうと思ってないから。

それに、レーサーを市販化しただけだから
生産終了ってわけでもない。

abo********さん

2020/1/806:09:13

計画台数は売ったんじゃない?

John Smithさん

2020/1/805:42:48

それって、レーサーのオマケに作ったバイクですよ。
ベース車両はまだ売っているでしょ。
元々、数売るつもりではなかったんじゃないかな?
まったく、ホンダらしい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる