ここから本文です

山道って、どうしてクネクネしているのでしょうか?

sakura ** pink ** sakuraさん

2020/1/918:04:39

山道って、どうしてクネクネしているのでしょうか?

基本、たくさんの木があるから、それをよけて道路を造ればクネクネするのは仕方ないと思います。
でも邪魔な木は切ってしまえば、直線の山道が造れると思うのですが、木を切るのは道路を造るうえではNGなんでしょうか?
実際、宅地の開発とかで木を切り倒すことがあるので、道路を造る時も最低限なら切ってもよさそうに思うのですが・・・

閲覧数:
95
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuh********さん

2020/1/1001:50:41

現在の発想だと、あまり思いも及ばないでしょうが、江戸時代から昭和時代にかけての開発では、登坂の効率とかよりも「建設費用」が1番だったんじゃないかという気がしますね。

昔(明治時代ころ)、母方の爺さんが、今では県道になっている道路(山道)を私費で作ろうとして、借金が嵩んで没落したことがあったそうです。建設費用の為めに、見晴るかす占有していた田畑をカタに取られてしまったとのことでした。
その山道を、若い時にバイクで何度か走ったことがありますが、ヤハリ山の端の方を、少々遠回りになろうとも、手作業で均して少し宛(づつ)登って行く方が、建設費用が掛からなかったのだろうと思われました。

現代では、たとえ何キロの長さになろうとも、山の麓を自動の掘削機で掘り進んでトンネルを付けますので、あまりクネクネした山道は考えられませんがね。トンネルだと、地主から買い取るのは、トンネルの入り口と出口の面積だけですね。

※ 富士山の登坂道路のような、自然保護の観点が無いところでは、あまり木がどうのとかいった発想は、現在でも無いように思いますがね。

質問した人からのコメント

2020/1/16 06:42:10

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ID非公開さん

2020/1/1014:35:37

山は基本的に斜面になっているので、水平な道を作るには斜面を削ったり、低いところを埋めないといけません。
たくさん削ったり埋めたりするとお金がかかりますし、削った土を捨てるにもお金がかかります。
なのであまり利用する人がいない道路は山の形に合わせたクネクネの道になります。

通行量が多くなって、クネクネ道では渋滞するようになれば、たくさんお金をかけて山をたくさん削ったり、トンネルや橋を作ってまっすぐな道が作られます。

mib********さん

2020/1/1009:41:34

直線にして急こう配になったら登れなくなる車がでてきます。
特に荷物積んだトラックとかね。

may********さん

2020/1/921:14:33

山を登らないように、山の両側をトンネルでぶち抜けば、直線の道路になります。
そうできない理由は、トンネルを掘削するのに莫大な建設費がかかるためです。

2020/1/918:34:50

平地から山を越えて道を作るには、沢筋から入って山の尾根を越えなければなりません。45度などの急勾配の部分に直接道を作っても普通の車が登れず、崩落の危険もあるためです。

大きな山脈の大きな尾根からは、主に雨の侵食による無数の支尾根が形成されていますが、等高線に沿った傾斜の緩い道路を作るには、支尾根を迂回する形でU字やV字を組み合わせたルートにして標高を上げていく必要があります。

marvelさん

2020/1/918:23:01

クネクネ(九十九折)させることで、道の勾配を緩やかにさせています。
直登ですととても登れるものではありません。

クネクネ(九十九折)させることで、道の勾配を緩やかにさせています。
直登ですととても登れるものではありません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる