ここから本文です

南伝仏教の出家者が、例えばタイとかスリランカとかで托鉢をするとき、どのように...

ひこざさん

2020/1/1119:45:18

南伝仏教の出家者が、例えばタイとかスリランカとかで托鉢をするとき、どのようにするのでしょう?
民家の戸口でパーリ語の読経をして托鉢者が来た合図にするとか?
鉢の持ち方に決まりとかあるのでしょうか?

合掌をすると鉢を持てませんが、どうするのでしょう?
戸口に立ってから去るまでの流れを教えてください。

補足皆様、ご教示ありがとうございました。
どなたにベストアンサーをさしあげればよいか悩み、サイコロを振る感じで決めさせていただきます。
ありがとうございました。

閲覧数:
47
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sag********さん

2020/1/1503:49:34

一緒に托鉢したことありま~す

町ならいざ知らず、田舎では同じ人が毎日同じ場所で待っています。
なので、ピンポイントでその場所に向かいます。

何しろ毎日なものなので。。


タイの貧しい家は外から中が丸見えなので、来たらすぐわかりますw


鉢はその時取り出して、その中に入れてもらうか、また別に袋を持っているので、鉢がいっぱいだとその中に入れちゃいます。

そんで相手は、こちらを仏壇みたいな感覚で見て膝をつけますw

そのあと簡単な経をとなえますね。
そんでサヨナラ。

因みに、檀家も別にこちら側のことを考えているってわけでもなく、あなたが神棚に供え物をするような感覚です。こっちを人間とみていないかなw模擬神w

なので、とりあえずカオニャオが多いです。それも手づかみなら最悪。

あと、托鉢された物の大半は、豚か犬の餌になります。
正直、今時手づかみで渡されたカオニャオとか、だれも取りませんw
フルーツなら人気ありますが・・
こちらもすでに用意してありますので・・

ああ、ジュースなら最高です。
まじめな比丘は色のついた飲み物を嫌ったりしますので、托鉢でしか貰えなかったりするからです。

ところで
実際のご飯は、事実上生計をともにしている在家が毎日作ってもってきます。
これがうまいんだな~

なので都会ならいざしらず、田舎では托鉢などただの儀式です。
都会はうまみが多いでしょ。
タイですがねw

かなり歩くので、それも素足かビーサン。托鉢の帰りは車だったりします。

結局、犬が小便するように、檀家のすんでる自分たちの島を、托鉢という儀式を通して回るって感じですかね。

すっごく貧しい家なんか、そこのところ行くだけでも大変って感じです。もちろんカオニャオです。

正直、犬の餌なんですが、まあ、なれ合いですね


因みに、ゴーダマが食中毒で死んだように
灼熱の中で、しかもインドで托鉢だけで生活するというのはちょっと想像をこえますね。私自身、インドで生死をさまよう状態になりました

そこから、80まで生きたゴーダマ(当時の平均寿命はおそらく30台)は相当用心深かった人だと思います。

抗生物質ありませんから、すぐ腎不全とかなっちゃいますよw


>>>しかし托鉢僧はまだ悟りをひらいたわけでもない修行中の身
在家のみなさんの施しで、働きもせずに修行ができる。


なので、経験上実は托鉢だけっていうのは相当しんどいです。
実際修行者はほとんど食べません。(たぶん信じられないと思います)

>>在家のみなさんの施し

という感覚でなく、あくまで彼らの都合で彼らのニーズのものを捧げます。
なので豚の餌ですw

>>働きもせずに修行ができる。

毎年宝くじに当たった比丘が何人も行方不明(逃亡)になりますw



>>小皿に水を注ぐ動作をする信徒さんもいます

スリランカの比丘はこれを嫌がります。
ヒンドゥーの影響だといわれているからです。しかしタイの比丘は平気です。



南伝仏教もどんどんすたれてますよ

そもそも、原始仏教とテーラワーダ、特に日本におけるスマナサーラ教団とは根本的にたいがいますからね。人を惹きつけません。

  • 質問者

    ひこざさん

    2020/1/1518:52:34

    ありがとうございます。勉強になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2020/1/15 18:56:28

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

pik********さん

2020/1/1506:20:28

タイ人は家庭であまり料理をしません。
家での食事で多いパターンは、ご飯だけ炊いてオカズはオカズ屋から買ってくるパターンです。

小さいながらも市場があるような規模の田舎ではオカズ屋は必ずあります。
オカズ屋には汁物の入った鍋や、炒め物や和え物の入ったバットが並んでおり、それらの料理をビニール袋に入れて客に渡します。ご飯も売っています。ご飯もビニール袋で持ち帰ります。コーヒーやジュースもビニール袋で持ち帰ります。

旅行者でもタイの生活に慣れた人だと、このスタイルで食事を済ます人も居ます。
安上がりだし、オカズ屋が多いしオカズの種類が多いので食堂で食べるよりも飽きないんです。

僧侶に布施する食事も、オカズ屋で買ったものが多く、ビニール袋に入れたものをそのまま渡します。托鉢用の鉢の中でご飯と諸々のオカズがごっちゃになることはないということです。

つまり、一般人はオカズ屋に行って、お金を出してそれを買い、家で皿に盛りつけ食べますが、僧侶の場合は、オカズ屋に行かずに、在家信者がオカズ屋から買ってきたオカズを、お金を出さずに貰っているという感じです。

布施をする人たちはたいていいつも同じ人たちです。
役割分担が自然と出来ており、ご飯ばかりが布施されるというようなことはありません。僧侶の健康を考えて、ヤクルトを布施する担当とか、お菓子・フルーツを布施する担当が居るというような状況になっています。

ある程度の規模以上の寺だと数十人~100人もの僧侶が托鉢に出ます。
そうなると、オカズが托鉢僧の人数の何倍も集まることになります。

その集まったオカズを寺で皿に盛り付けます。
オカズ皿が50も100も並びます。
そのオカズをご飯にかけて食べます。
健康的食事の指標である一日30品目の食材は容易にクリアできていますね。

僧侶の9割以上は短期出家です。
地元の青少年が地元の寺で短期間の修行をしています。
なので、托鉢僧の身元も分かっているんです。
タイはバンコク首都圏は別として、第2の都市として挙げられるチェンマイでも人口15万人ほどで、ほとんどの町は人口5万人以下です。

「〇〇さん家の長男が今短期出家している」と知っているので、親戚・ご近所さん関係だけでもその日の食事の托鉢は出来てしまうんですけどね。

「あの悪ガキが出家しているな」「あいつ、また出家したな。何かあったのか?」という感じでタイ人は見ています。
刑務所帰りの人も居ますしね。

タイへ行くと僧侶が多いように感じますが、実際には”職業僧侶”は日本の方が多いです。日本では人口400人に対して1人僧侶が居ます。タイの場合は短期出家は多いですが、生涯を出家で過ごす人は数千人に1人くらいの割り合いでしか居ません。

家族や親戚の誰かが出家経験者であり、現在出家中という状況になります。
(男性の9割以上が出家経験者です)

YouTubeで「托鉢 タイ」で検索すると、たくさんの托鉢風景が見られます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Hazureさん

2020/1/1121:18:30

托鉢者の通るルートや時間帯は決まっているので、信者さん達はそれに合わせて外に出てきます。
南方では合掌は同等か目上の立場の者に対してしかしないものであり、僧は在家信者よりも上の立場なので合掌しません。(「しなくても良い」ではなく、「してはいけない」)

鉢にはバンドが付いており、一応手放ししても大丈夫になっています。

信徒が托鉢僧の持つ鉢にお布施を入れて合掌し跪くと、僧が祝福のお経を唱えます。
その間、小皿に水を注ぐ動作をする信徒さんもいます。お経が終わると、これを樹々に注ぎます。

托鉢僧には大体在家のお手伝いさんが付き従い、鉢に入れられたものを大袋にまとめて持ちます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる