ここから本文です

なぜ桐谷広人さんは株式投資が上手いんですか? それで 株主優待でリッチな生...

sib********さん

2020/1/1213:42:04

なぜ桐谷広人さんは株式投資が上手いんですか?

それで
株主優待でリッチな生活を得てるらしい。

補足ウィキペディアによると
この人はプロの将棋棋士だったらしい。


桐谷 広人(きりたに ひろと、1949年10月15日 - )は
日本の将棋棋士・投資家。

升田幸三実力制第四代名人門下。
棋士番号120。

2007年に引退。



投資家として[編集]

桐谷の転機は1984年
東京証券協和会に設置された将棋部の師範を
していたことをきっかけに
独学で株式投資を学び始めた。


その後「財テク棋士」として著名になり
財テクに関する雑誌「ダイヤモンドZAi」や「日経マネー」にも登場。


2006年時点では
株式を約400銘柄、時価3億円分を保有し
そのうち1億円が優待銘柄という。


株主優待を活用することで生活費はほとんど現金を使わない。


将棋棋士としても発揮した長けた記憶力で
手元に届いた数多くの商品券の使用期限を全て把握している。


自分にとって利用価値が低い期限付き商品券については
金券ショップに売っており
様々な方法を駆使して高く売却するように心がけている。


現金を使うのは家賃と光熱費とインターネット使用料程度で
これらの支払いも株式の配当金で賄う。

2008年のリーマン・ショックや
引退後に頻繁に行った信用取引が
裏目に出て、2013年時点で株式の時価は
約5000万円にまで激減する。

閲覧数:
613
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/1/1214:06:45

いえ、私も10年以上前から保有している優待銘柄は2~3倍の株価になっています。

ですから、当時、優待を目当てで買った人は、ほとんど資産を増やしているのではないですか?

なんで、そうなったかというと、金利が低下したことで、優待利回りの高さに注目が集まったからです。

当時、優待利回り10%近いのがごろごろしていました。預金金利も数%ありましたからね。

御存知の通り、今や預金金利はゼロです。となれば、優待銘柄の株価が上がって、優待利回りが低下したということ。

預金金利が高い時代が来れば、優待株バブルは弾けますよ。もっとも、当分来ないと思っていますが。

質問した人からのコメント

2020/1/16 21:59:08

やっぱ桐谷さんも
信用取引を普通に
やってるんだね。


プロの将棋棋士だったから
その先のその先の戦略を読むのが
上手いんでしょうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

l40********さん

2020/1/1314:56:56

別に上手じゃないです

いろいろ考えてやってるのではなく
やってることと地合の変化がよかっただけ

だから合わない地合のとき、当初思いっきり損失だしてるでしょ?

pfg********さん

2020/1/1217:48:35

証券会社にお金をもらって初心者を開拓しているのが桐谷さんの役割です。
アナタのように興味を持つ人が現れるからです。
私は国内株よりも米株を保有したほうが桐谷さんは幸せだったと確信してます。

mufufufu3412さん

2020/1/1214:55:35

別に上手とは思っていませんよ

持ち株の大半は日経平均株価が
1万円弱の時に仕込んでいるので
現在だと自動的に全銘柄2.5倍以上ですよね
投資額も1億円ぐらいだから資産3億円は計算上は合っているかと
日経平均と連動してる儲けだけなら普通(当たり前)と思いますよ

私だって現在の持ち株の5割は日経12000円ぐらいで
仕込んでいて他は日経18000円ぐらいですが
資産額は投資金額の4倍になっていますよ
だから桐谷さんは上手とは言えないと思いますが
投資金額が10倍は違うので羨ましい限りですね

それに生活圏が東京23区内という
特別な地域に居るからこそ優待が生かせるだけですね
しかも自転車で移動できる

私も優待銘柄は25銘柄ほど保有していますが
かなりのど田舎暮らしなので優待使うために
別途交通費が必要になるので簡単では無いです
この点がものすごくハンデを感じていますね
なので金券をくれる銘柄にシフトするようにしています
→有効期限が無期限のものが多いので貯めておけばいずれは役立つかと

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2020/1/1213:51:57

2010年前後、日経平均株価が1万円未満だった時代に、取得した銘柄が多いからではないでしょうか?
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO48126730S9A800C1000000/

現在のように、優待バブルでPERが100倍を超えるような異常な優待株価の時代に優待目的で株を買うと痛い目に遭いますよ。

編集あり2020/1/1215:06:36

別に上手くはありません。普通です。若い頃に結婚をあきらめて、何十年も株式投資の勉強を続けてきた人です。
株式投資というのは、きちんとやってれば、長い時間かければ(なんとかショックのときに逃げ出すような臆病者はダメですが)、そこそこ儲かるのです。年金基金だって、そうやって儲けてます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる