ここから本文です

落語家の名家の名前で「かつら→桂」って苗字は多いのでしょうか? 桂さんし・桂歌...

通名制度・反対!さん

2020/1/1307:54:59

落語家の名家の名前で「かつら→桂」って苗字は多いのでしょうか?
桂さんし・桂歌丸・等


落語家・笑点

閲覧数:
30
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/1/1312:10:48

『桂』とか『林家』とか『三遊亭』とかは、苗字といわず『亭号』といいます。

落語家の高座名(芸名)のようなもので、入門すると、師匠と同じ亭号になります。

弟子の数が多いとその亭号の落語家が多くなり、その弟子が師匠になり、弟子をとるとその弟子が同じ亭号になり増えていきます。

『桂』という亭号の落語家は多いですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる