ここから本文です

スキーブーム時代を知っている方に質問します。 猫も杓子もスキーに行くという...

アバター

ID非公開さん

2020/1/1410:34:55

スキーブーム時代を知っている方に質問します。

猫も杓子もスキーに行くという一大ブームがあったそうですが、今のスキー場の閑散とした様子からは想像もできません。

当時の混雑に関するエピソードについて教えてください。

閲覧数:
155
回答数:
17

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2020/1/1421:12:05

「ミナミスポーツ」が、混雑していた。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/16件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

loc********さん

2020/1/1517:09:53

当時は
スキー場のレンタルは高いから
街のスポーツ用品店や
運動用品店[個人経営]
などで
板やブーツをレンタルできて翌日返却が可能でした、たいがいどこの用品店でも貸し出しをしてました、

プロフィール画像

カテゴリマスター

ko_********さん

2020/1/1503:22:30

リフトやゴンドラ待ち、ゲレンデの混雑具合は、当たり前なので、他の面から攻めてみます。

某ゲレンデ食堂での話。

畳3畳分ほどの鉄板調理器があって、それに、とんかつと玉ねぎを並べて、割り下で煮て、大量の溶き卵を投入し、かつ丼の具を作っていた風景。
それをヘラで切り分けて、丼に乗せていました。
で、無くなると、次の調理にとりかかるという、大量生産状態。
丸い丼に四角い具が乗るという、シュールなかつ丼でした。

別のゲレンデ食堂での話。

番号付きの食券を買って、調理を待つシステム。
マイクを持ったおじさんが、「〇〇番、味噌ラーメン、○○番カレーライスお待たせしました」といった感じで呼び出すのですが、とにかく、ひっきりなしに客が来るので、このおじさん、マイクで呼び出す専任でした。

はじけかけていたとはいえ、時はバブル経済期。
薄利多売で、多少の在庫が残っても儲かる時代。

全身を最新モデルでそろえるのが当たり前だったので、1シーズン落ちモデルの板でも、1~3千円程度で購入できました。

板を買えば、ビンディングの付け替えと板の処分料は無料だったので(今と違って、ビンディングは、どんな板にも取り付けられた)、毎年、板を買い換えました。

宿の風呂の時間指定と食堂が数回転。

風呂が小さめの宿だと、部屋番号で、入湯時間が決められることもあった。
食事も、先着順で、希望時刻の数回転でとるシステムなんてことも。「もう、20時からの夕食しかないですね」なんて言われたり…。

談合坂SAと高坂SAの大混雑。

ここで待ち合わせる人が多かったのか、平日の夜でさえ、スキーキャリアを乗せた車で大混雑していました。
全身、スキーウェアを身に着けた人も多く、SAからゲレンデ食堂気分でした。

「自動ホットワックスマシーン」というものの存在。

たしか、300円で、幌の付いたベルトコンベアみたいなものの上に乗って動かされるだけで、ホットワックスがかけられちゃうという、画期的なマシーンがありました。
ま、効果のほどは…。

宿の殿様っぷり。

ネット予約なんてなかったあのころ。
電話予約しようとすると「うちは、一室6名以上、一人一万円でしか、予約を受けられません」なんて言われて、迷っていると電話を切られ、何とか予約しても、夕飯は給食以下で配膳と下膳もセルフが当たり前なんてエリアもありました。

今考えると、完全に狂っていますね。
あの時代を知っていて、よく、今、スキーを続けているなぁと、改めて思いました(笑)。

ご参考になれば幸いです。

kam********さん

2020/1/1423:12:23

街のスポーツクラブでスキーツアーを募集すると満員御礼で、バスをチャーターして2泊3日のスキーに行きました。雪の降る中、行きの高速が大渋滞の情報で遠回り下道を駆使して当時の穴場スキー場である白馬乗鞍に向かいました。しかし、山に登る道も大渋滞で動かず、トイレを求めて路肩を登る人が後を絶ちませんでした。宿はバスを降りてゲレンデを5分歩くトンでも立地、トイレの匂いが廊下にも溢れ、二段ベットと畳に4人詰めでしたが、文句を言う人は居ませんでした。若い男女で飲みカードゲームをし、とても楽しかったです。

fus********さん

2020/1/1415:00:29

①道路が混雑した。
②高速道路が途中までしか出来ていなかったからちょっと遠くのスキー場だと日帰りが無理だった。でも、宿が取れない。
③スキー場に着いたら駐車道が空いていない。
④リフト券購入客、レンタル利用客が多くて時間がかかる。
⑤コース内にスキーヤーが多すぎて、滑り降りるスペースが狭いので、ウェーデルン以外では降りられない。ウェーデルンが滑れない人は、シュテムターンかボーゲンでしか降りられない。それも、ままならなければ横滑りとキックターンで難所を降りる。
⑥多くのスキーヤーが入り込みすぎて深い自然コブだらけのコースが多かった。
⑦食堂が混みすぎて、なかなか食事にありつけない状態だった。
⑧若者グループが多くて賑やかだった。
⑨恋人探しがしやすかった。
⑩男女でトレーンで滑ったり、異性ともむかでのようにくっついて滑ったり、男女ペアで身体を前後につけて滑ったりという様子が多く見られた。変な意味ではなく、みんなで楽しもうという意味合いの方が濃いものだった。
⑪リフトに乗るための列が長かった。
⑫リフト待ちの混雑の中でもいかに早く乗るかを考えている人が多かった。
⑬上野駅で夜行列車に乗るために大勢で待っていた。帰りも同じだった。
⑭列車内の通路に立って雪国まで行ったことがある。
⑮列車内の通路にスキーバックを置いて、それを椅子にして座っている人も多かった。

当時の混雑の状況以外の様子まであげてみました。

fre********さん

2020/1/1413:15:23

数えきれないほどあります、

私は岐阜奥美濃方面
高速が未開通
通常二時間が
大渋滞6時間はざら

リフト待ちは一時間
クワッドには扇子状にならび割り込みは必然的にできた、黙認していた、

チェーン脱着場所では
必然的に
どのグループが早く脱着できるか競いあった
ナンパもできた、

レストランは
座席がなく
立ち食い状態
階段や踊り場でも座って食べた

もっと昔は
40年以上前はトイレが落としだったスキー場があり凍結した、

コンビニが無く
交番、消防署、警察、などで女子はトイレを借りた、

リフトはシングルリフトがあった
うまく乗れずに転げ落ちたりした、[初心者]

丘サーファーではないが
便乗派の車にキャリアをつけていかにもスキーヤーを気取ったりしたやつもいた、

携帯もない時代は
トランシーバーや
車のランデブー[二台で連なって] 行く場合
車用のFMマイクで会話しながら行ったりした

また
ゲレンデでは
ムカデを作ったりした、
今は[禁止]

また
スノーボートが出始めた頃は
スノーサーフィンと呼んでいた-w

とにかく
原田知世の真似もよくした、

マナーも悪かった
リフト乗車は喫煙当たり前、

懐かしいです、-w

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる