ここから本文です

世界で初めて空母として建造された艦は日本の「鳳翔」が初と聞きましたが、どのサ...

mmm********さん

2020/1/2223:33:03

世界で初めて空母として建造された艦は日本の「鳳翔」が初と聞きましたが、どのサイトを見ても「空母‘‘として‘‘建造された世界初の艦」と書いてあります。

改修でも空母を使い始めた、または「海に浮かぶ空港」の概念を作り上げたのはどの国が一番最初なのでしょうか?

閲覧数:
142
回答数:
10
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

itm********さん

2020/1/2223:51:01

世界初の航空母艦はイギリスのフューリアス。

巡洋艦を改装したものだから飛行甲板の中心に艦橋がある。

発艦は容易らしいけど着艦が実質不可能(一応可能だけど、手順がアクロバット飛行しながら着艦してくる飛行機を乗員みんなでキャッチして抑えるというもの)だったりいろいろ問題があった艦。

世界初の航空母艦はイギリスのフューリアス。

巡洋艦を改装したものだから飛行甲板の中心に艦橋がある。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

一条頼龍さん

2020/1/2822:40:21

最初から空母として設計、建造された
鳳翔の起工は1920年、竣工は1922年。
世界初の航空母艦はイギリス海軍のフューリアスで
フューリアスの起工は1915年、空母改装が1917年。
世界初の空母搭載機による攻撃も1918年に行っている。
最初から全通飛行甲板を持った艦は同じくイギリスの元客船アーガス
アーガスの起工は1914年、竣工1918年。
最初から空母として設計され、世界で最初に起工したのは
イギリス海軍ハーミーズで、
ハーミーズの起工は1918年、就役は1924年。
日本初の航空母艦は若宮。
若宮の起工は1901年、改装1914年、空母登録1920年。
実際は水上機母艦。
青島攻略戦では日本初の空母搭載機での攻撃を行った。

jim********さん

2020/1/2620:22:42

イギリスとアメリカです

空母を発明した国は イギリスです

巡洋艦改造のフーリユアスが最初の空母ですが艦橋が邪魔で

次に作った客船改造のアーガスが初の全通甲板空母です
ただし着艦ワイヤーが縦引きで 摩擦でブレーキをかける
不完全なものでした

少し遅れたアメリカが横引き着艦ワイヤーを
着艦フックで引っ掛ける方式の全通甲板の
給炭艦改造空母ラングレーを発明して
空母の基礎が完成しました
(なお ラングレーの格納庫は 補充用機などを 吊るして
搭載機数を増やす 天井が高い格納庫で 英語で格納庫を
ハンガーという言葉の語源になりました)

イギリスが空母の決定版で
初の最初から空母として建造開始した空母
ハーミーズを建造開始しましたが

イギリス海軍の弟子であった
日本海軍が イギリスから空母技術を教えてもらって
世界2番目に空母として建造開始した鳳翔を建造
開始しましたが

完成したのは日本の鳳翔が先だったってだけです

日本語のサイトは 日本びいきだから
「世界初の 最初から空母として建造された空母 鳳翔」
って書いてあって

空母は日本の発明だと勘違いしている
我が同胞の日本人は多いですが
それは愛国心の行き過ぎで
半島のウリナラ起源みたに
フォースの韓国面に堕ちていて 恥ずかしいから

歴史を歪曲した身贔屓はやめて、
素直に 英国が教師で 日本は優秀な生徒だった
けど

日本は調子に乗って 先生に喧嘩を売った
という事実を認めたほうが 正確な歴史認識に
近づけると思います

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

a14********さん

2020/1/2423:15:31

基本的にはイギリスですね。

「改修含め世界初の航空母艦」
はイギリス海軍のフューリアスです。
フューリアスは1915に就役した大型軽巡洋艦(巡洋戦艦に近い)
ですが、1917年に空母へと改装されました。
但し、この時期は全通型の飛行甲板を持たない特殊な形です。

「改修含め世界初の全通甲板を持つ航空母艦」
はイギリスのアーガスです。
当初は客船として起工されましたが途中で設計変更され、
1918年に全通甲板を持つ空母として就役しました。

「最初から空母として起工された世界初の航空母艦」
はイギリスのハーミーズです。
1918に起工されましたが試行錯誤により1924年就役となります。

鳳翔は正確に言うと
「最初から空母として起工され、世界で最初に完成した航空母艦」
となります。

更に飛行甲板を持たない母艦、水上機母艦となると
フランス海軍のラ・フードル(1912年水上機母艦へ改装)が最初

「海に浮かぶ空港の概念」となると、オーストリアが最初とされます
1849年に気球母艦「ヴルカノ」を就役させています


※画像は1917年改装後のフューリアス
艦橋・煙突を残したまま改装された結果、
艦の前後で飛行甲板が分かれる形となっている
後に更に改修され、一般的な全通飛行甲板を持つ空母となった

基本的にはイギリスですね。

「改修含め世界初の航空母艦」
はイギリス海軍のフューリアスです。...

zer********さん

2020/1/2402:35:32

オーストリアのバルカンって外輪蒸気船
1849年にオーストリアから離反しようとしたヴェネツィア鎮圧ため気球による空爆を行った
ちゃんと気球格納庫や専用パイロット、指揮官¥運用設備などが用意されていた

St_Ennueさん

編集あり2020/1/2319:51:05

はじめて航空母艦に改造されたのは、イギリスのハッシュハッシュ・クルーザーであるフューリアスです
前部の砲塔を撤去しただけの割と投げっぱなしな改装でしたが、後に全通甲板に改造されました

そのまえに、初めての全通甲板式空母として同じくイギリスのアーガスがありました

また、鳳翔より先に、最初から空母として完成したものでは(完成は鳳翔のほうが先でしたが)、やはりイギリスのハーミーズが建造開始されていて、鳳翔はハーミーズを参考に建造されました

このカテゴリの回答受付中の質問

一覧を見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる