ID非公開

2020/1/27 8:57

44回答

護憲派、9条真理経信者は、

護憲派、9条真理経信者は、 レッドチーム入り希望なんですよね? 護憲派は9条を改正したらアメリカの戦争に参加させられる、 中国に警戒されかえって戦争になるとか、中国は日本に侵略してこない、 だから9条は現状維持でいいと主張する。 同盟国のアメリカの要請は断り、中国を信用し、中国のご機嫌をうかがう、、これってレッドチームじゃないか? みなさんはどう考えますか?

補足

みなさん回答ありがとうございます

ベストアンサー

0

レッドチームかは分かりませんが、日本を破滅に導こうとしていることには間違いありません。 今の憲法9条は戦争に巻き込まれる危険性を高め、外国からの理不尽な要求を招いています。 9条によって諸外国からは「日本は国防を他国に依存している」と見られ、「日本と戦争になってもリスクは少なく、見返りは大きい」と思われています。その結果が北朝鮮のミサイルや、中国の尖閣諸島周辺における領海侵犯です。 だから、9条改正は急がねばならないのです。

ID非公開

質問者

2020/2/1 2:22

>日本を破滅に導こうとしていることには間違いありません。 >>その通りです。護憲派は日本を滅亡させようとしています。 >今の憲法9条は戦争に巻き込まれる危険性を高め、外国からの理不尽な要求を招いています。 >>その通りです。 護憲派は日本の富を敵国に流出させ、敵国が侵略しやすい日本にさせたい反日です。 >「日本と戦争になってもリスクは少なく、見返りは大きい」 >>まさしくこれです。 長距離のミサイルで攻撃すれば日本からの反撃はない。 反撃するミサイルを持っていません。 敵国が安心して日本を攻撃できます。

その他の回答(3件)

0

私は憲法9条改正に賛成です。 しかし、9条には良い点もあった。 「9条を改正したらアメリカの戦争に参加させられる」という意見にも一利あったと思います。 国を守るだけなら、とりあえず、自衛隊があれば、それでいいんですよ。 必要なのは武器ですから。 法律は、ぶっちゃけ、緊急事態なら破っても止むなし。 自衛隊は災害派遣のたびに、法令を破ってきた。 誰も咎めないし、人命救助なら、私も仕方ないと思います。 でも、いちいち、現場の司令官に、法令違反の決断をさせるって、思いっきいりブラック。 また、非現実的な法律があるばかりに、「法は破るもの」と軍隊に思わせると「暴力装置に歯止めが効かなくなる」という意味で危険。 だから、憲法改正しないといけないのです。 そもそも、憲法9条は、日本の軍事的な対米従属を担保するため、GHQが押し付けたものです。 好意的に解釈すれば、アメリカが日本に与えた、日米安保タダ乗り券のようなものだった。 しかし、憲法制定直後、朝鮮戦争の勃発で、早くも有効期限切れ。 GHQに再軍備を命じられてしまいます。 これが、元祖解釈改憲による自衛隊の発足につながる。 本当は、アメリカは朝鮮戦争にも、日本の部隊を投入したかったが、おいそれとできなかった。 9条があるからです。 しかし、全く不可能でもない。 当時は、海保に所属した掃海部隊が、文字通り、アメリカ軍にこき使われたのです。 死者が出たため、日本の掃海部隊が「もう嫌だ!」とブチ切れ 米軍の司令官にも「命令聞けない奴は要らん!帰れ!」と言われて、本当に返ってきた。 実は、この事件がきっかけで、旧海海軍将校が「やっぱ、ホンマモンの軍人じゃないと戦争できないって分かったでしょ。日本に再軍備させないと、不味いんじゃないですか?」とGHQに掛け合ったんです。 旧海軍軍人の動きは、空自の勢力図にも影響しています。 普通、空軍ってのは、陸軍航空隊から枝分かれていています。 ですが、日本の空自は、陸海軍それぞれの人材を吸収して発足したんです。 実は陸軍は、英語できない人が多い。 「戦争は、陸軍がやらかした」ってことにされて、GHQに掛け合うほどの気力がなかった。 だから、旧海軍軍人が「ほんとは、俺たち仲間だぜ」って感じで、GHQに近づいたのです。 だから、当然、GHQ、米軍は日本が再軍備したら、米国のために働いてくれると思っていた。 そしたら、吉田茂総理が「経済復興優先。防衛費は最低限」といい出し、 アメリカの飼い犬ならぬ、アメリカの飼い猫になると宣言した。 つまり、安保タダ乗りは諦めるが、アメリカの期待には添えません。 海外出兵はお断り。 日本は、アメリカにガンガン輸出して、稼がしてもらいまっせ。 という態度に出た。 基本的に、今の今まで、日本はそういう国だった。 アジア太平洋のアメリカの同盟国は、みんな、ベトナム戦争に出兵したんです。 オーストラリア、ニュージーランド、タイ、韓国、台湾みんなそうです。 なのに、日本だけ、お・こ・と・わ・り。 「まぁ、沖縄に基地をおいてるんだから、それで十分だろ」ってことにした。 当然、アメリカからは、「いいかげんにしろ!」「お前も働け」って言われまくります。 そのたびに、自民党政権は「そろそろ、アメリカの言う事聞かないと不味いかな?」と思いますが、左翼が反対して、国会が混乱する。 「いやー、国内の反対が強くて、無理そうですね。なんたって、9条がありますから。。。。」で、アメリカの要求を跳ね返した。 そもそも、悪いのはアメリカです。 日本の憲法改正は、不可能じゃないが、まず、国会両院の総数の3分の2の賛成が必要。 当時は、社会党が3分1程度の勢力があるんで、無理。。。。 しかも、自民党は万年与党とはいえ、参議院では時々負けた。 だから、憲法改正なんて、無理じゃん。全部、GHQ、アメリカのせいでしょ。ってわけです。 トランプ大統領には悪いが、寄生虫上等! アメリカが9条で日本を従属させたのが悪い。 あるいみ、解釈会見で自衛隊を作り、防衛費1%で、お金をセーブしてきた。 一番ベストの状態を保ってきたのです。 だって、香港みたいに、軍隊が本当に無いって、宗主国がブチ切れたら、蹂躙されるだけですからね。 軍隊を名乗らない、実質軍隊、自衛隊って最高なんですよ。 でも、これは、日本の周りが雑魚だらけ。 サンクルサムがぶっちぎりのチャンピオンだったから、できることです。 トランプみたいに、日米同盟破棄とか、金よこせとかいうやつが出て来る。 中国がここまで軍拡するわ、最近じゃ、韓国にも軍事費で追い抜かれそうになる。 これはヤバいです。 日本も、自国を守るために防衛費をガンガン増やして、軍拡するべきです。 F-35を爆買してけしからんとかいう人がいるが、ハッキリ言って、これでも足りない。 しかし、安易な海外派兵には反対です。 特に地上部隊の派遣には、大いに反対です。 国連のPKOだろうが、アフガン、イラクみたいな占領だろうが、一切お断り。 南スーダンPKOなんて、愚の骨頂ですよ。 隣の中共帝国陸軍だって、ガクブル状態で、民間の海外ボランティアからSOSを受けても、「無理!こっちが殺される!」って出動要請を拒否するぐらい、現地の武装勢力が暴れている。 そもそも、PKOなんて、中途半端。 アメリカの著名な軍事戦略家、エドワード・ルトワックは、 もし、本気で戦争を止めたいなら、現地の武装勢力が疲弊する頃まで待つ。 その後に、大規模に武力介入して雑魚を蹴散らすのが一番。 疲れ果てた相手なら、「頼むから、調停してくれ」と向こうから頼んでくる。 PKOって、本当は、そういうもんじゃないのか? と指摘しています。 象徴的派遣なら、反対しません。 日本のそばで戦争するなら、周辺事態認定して、武力介入しないと、こっちまで火の粉が降り掛かってくる。 ですが、日本の国益と関係なところで、日本人の命をかけるべきではない。 無用な要求を断るために、9条の条文を一部残す、あるいは敢えて、海外派兵の足かせになるような条文を付け加えてしまうべきです。 むしろ、憲法改正は、解釈改憲という法の支配を歪める事態に終止符を打つためにやるべき。 本当に中国や北朝鮮の脅威を考えるなら、憲法よりも、弾道ミサイルを保有するべきです。 平和とは、相手に戦争をやめようと呼びかけることから始まります。 最も有効な平和のメッセージは、「戦争やったら、お前も無事じゃ済まないぞ!」と脅すことです。 防衛だけを考えるなら、敵地攻撃能力の取得こそ、喫緊の課題です。

この返信は削除されました

0

妄想だと思います。

ID非公開

質問者

2020/1/27 13:53

同盟国のアメリカの要請は断り、中国を信用し、中国のご機嫌をうかがう、、これってレッドチームじゃないか? これについてどう思いますか?

0

第二次世界大戦後75年 中国とアメリカでどちらが戦争している? どちらが好戦的?を冷静に考えれば 答えがあるのでは?

ID非公開

質問者

2020/1/27 9:28

アメリカの方が大規模な戦争をしています。 中国はチベットに侵略し、ウイグル人を殲滅しようとしています。 フィリピンの海を強奪しました。 日本の海も狙っています。 中国は共産党一党独裁でビジネスのルールを守らない。 アメリカはアメリカファースト、でもビジネスのルールは中国よりは守る。 日本は、米、中、さてどちらに付くのがよいか? 自分としてはアメリカに付く方が得と考えます。 さて、あなたは、米、中、どちらに付く方が良いと考えますか?