ここから本文です

70の母が肝臓ガンステージ3と診断されました。 切除手術も放射線も無理で、 胆...

アバター

ID非公開さん

2020/1/2819:17:32

70の母が肝臓ガンステージ3と診断されました。
切除手術も放射線も無理で、
胆管ステントも出来ないと言われ、
胆管パイパス手術か、チューブを入れて胆汁を出すかどうかを迫られています。

肝機能の数値が高すぎて、抗がん剤治療を始められないための処置です。
体重が激減しているため、バイパス手術は小腸や胆管にもメスをいれるわけで、体力やら持つかどうか…
リスクを考えたらどうしたらいいのか、
もしどなたかそのような話を少しでも聞いたことがある方、何卒ご助言を宜しくお願いいたします
本人はまだ10年は生きたかったなぁとつぶやいていて、このまま何もせず緩和ケアだけに移るのは悲しすぎます…(T^T)

閲覧数:
29
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syk********さん

2020/1/2921:42:22

胆汁がうっ滞してるから提案された処置ですかね?
うっ滞してるから肝機能の値が上がりすぎてるなら、胆汁が流れれば少しマシになるかもしれません。
チューブを入れて出す、と言われたのは皮膚からのアプローチのヤツですよね?(PTCD…みたいなことを説明されましたか?)

体に侵襲が少ないのは皮膚からチューブを刺して胆汁を出す方法です。
これだと日常生活は制限されますが、あなたと話したり、今後のことを考えたりする余裕は持てます。
バイパス術をすると、回復すれば常にチューブがついて回る煩わしさはありません。
が、オペから体がどれくらい回復するかは不明です。
仰るとおり体力削がれるので…。
主治医は何と仰ってるんでしょうか?
あとは、お母様の選択は?

私なら、ですが…
とりあえずチューブ刺しますかね。
それでうっ滞が流れて値が良くなれば次の段階に進めますし。
うっ滞が良くなって腫れが引けばステントも可能かもしれないし。
チューブ入れても『やっぱアカンわ!』ってなればオペしてもらうかも。
ただ癌に対する根本治療はできませんから、覚悟を決めて今有る時間を大切に過ごすことへ意識をシフトするべきだとは思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/1/3020:27:34

    ご回答くださり、ありがとうございます。おっしゃるとおり胆管閉塞で、胆汁が溜まったことによる肝機能悪化です。白目の黄疸がで出したので、早めにしないといけないと言われました。

    そして、本日1/30やっと主治医つかまりまして、経皮経肝胆管ドレナージ:PTBD・PTCDの手術をすると言われました。
    一応、前日に母に言ったらしいが、理解出来ないから私に電話してもらうよう言ってたが、何もなく今日面会行ったときに看護師さんから確認してもらうと、面談できました。
    こちらから再三言わないとアクションしてこないので、ちょっと不安ですが…
    そして、いきなり明日の手術になりました…

    今後、抗がん剤を投与できる数値になったあとの反応次第で、セカンドオピニオンも視野に入れたいと思います。

    残された時間、やればよかったと後悔したくないので、本人の希望を尊重し、やれるべきことはやりたいので、へこたれないように頑張ります!!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる