ここから本文です

慣用句等の成り立ちについてです。

アバター

ID非公開さん

2020/2/916:00:03

慣用句等の成り立ちについてです。

日本語でのことわざや慣用句ってありますよね?
あと、比喩的な表現とか
例えば、火に油を注ぐとか、覆水盆に返らずとか。
それらって、英語で言うと、
It is no use cring over spilt milkと、add fuel to the fireとかですよね?
そこで質問なのですが、この日本語でのことわざや慣用句は、もともと外国で言われていたものを日本語に訳したりしたのですか?
それとも、2つの文化で同じような表現が出ていてあとから英語を日本語に訳したら同じような意味だったというようなことなのでしょうか?

閲覧数:
21
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eip********さん

2020/2/916:22:19

★その慣用句によって、どちらもありでしょうね。所詮同じ人間ですからね。


以上。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/2/1220:27:15

    ありがとうございます!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる