ID非公開

2020/2/2 22:22

33回答

斉藤高政(義龍)は、土岐頼芸の子なんでしょうか?道三が二男や三男を可愛がり、義龍を嫌っていたのは、その為でしょうか?義龍の肖像画を見ても、道三似と言うより土岐家寄りの顔をしているようにも思えるのですが

斉藤高政(義龍)は、土岐頼芸の子なんでしょうか?道三が二男や三男を可愛がり、義龍を嫌っていたのは、その為でしょうか?義龍の肖像画を見ても、道三似と言うより土岐家寄りの顔をしているようにも思えるのですが 。実際のところ、どうなんでしょうか?

日本史284閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

土岐頼芸の子を宿していた側室の深芳野を道三が貰い受けてから直ぐに生まれたのが義龍です。ほぼ間違いなと思います。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

斎藤道三の側室・深芳野(みよしの)は義龍の母です。 深芳野は元は頼芸の側室でした。それを道三が 貰い受けたのです。よって、当時から義龍は 道三の子供ではなく、道三の側室となった 時点ですでに、頼芸の子、義龍を身ごもって いたと言う噂はあったようです。現在のように DNA鑑定できませんから真相は不明です。 ただ、義龍は頼芸の子供かも知れない。と 思わせるところがポイントです。後に義龍は 道三を戦で殺すことになりますが、この 「かも知れない」ことが影響したのかも、 知れませんね。 ただし、道三としては、義龍は自分の子供 だと信じていたようです。義龍に家督相続 させたことで明らかです。もし、道三が 疑いを持っていたら、家督は次男に譲った はずだと思います。

1

義龍が頼芸の子という話は江戸時代になってから出てきたもので創作と見なしていい。

1人がナイス!しています