ここから本文です

私の友達が生後まもない頃からヒルドイドを赤ちゃんに毎日塗っています。

アバター

ID非公開さん

2020/2/315:21:37

私の友達が生後まもない頃からヒルドイドを赤ちゃんに毎日塗っています。

乳児湿疹ができて皮膚科に行った際にもらい、それからお肌がキレイになると毎日使用しているそうです。
ですが小児科の先生にヒルドイドを頻繁に使いすぎだと怒られたそうです。子供は1歳3ヶ月になりましたがまだヒルドイド使っているそうです。
このまま使用していると何か問題でてくるのでしょうか?

閲覧数:
119
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zehnさん

2020/2/320:57:19

皮脂欠乏症に対してヒルドイドは保険診療で処方できますし、使って何ら問題ありません。ただし保湿目的であればプロペトでも十分に目的は達成されることはよくありますので、どの程度そのお子さんにヒルドイドが必要なのかはまでは分かりませんが。

ヒルドイドの液性は基本的に微酸性ですが、どの剤形でも20倍希釈水溶液のpHは条件に応じて5.3~7.6の範囲に分布します。ただ、わざわざ20倍に薄めて使う人はいないと思いますけどね。

適切な保湿薬塗布でも、弱酸性水の塗布でも、結局はスキンケアとは皮膚のバリア機能を保つことを目的としているわけです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アトサポさん

2020/2/319:23:18

大問題です。

皮膚表面は、弱酸性(ph5前後)で維持されていますが、ヒルドイドは中性ph7です。徐々に上昇して、空気中の雑菌が棲息できる環境となります。

皮膚表面には、有用な皮膚常在菌が1平方センチ当たり約100万個棲息して、異物の侵入を阻止しています。保湿を外すと、皮膚表面は乾燥ガサガサ部位が多くなっていると思いますので、異物侵入条件となりさらに保湿展開となるでしょう。

いつ外せるのでしょう、、、、皮膚常在菌が整備できなければ柔らかい皮膚にはなりません。

今の世情では、生後直ぐに保湿すればアトピーや食物アレルギーにならないという医療関係者の報道を常識として、処置される方が増えているようです。

が、全く逆なんです。発表する医者や研究者は、皮膚に棲息する有用皮膚常在菌の存在を知らずに投稿しています。保湿障害の先導者です。赤ちゃんがどうなっても構わないのです、痛くも痒くもないのです。

アトピーのお子様は、体内に中間物質(異物判断)が侵入する体です。この侵入した異物は体外へ排泄しなければ正常に生きて行けません。排泄部位に蓋すればどうなるでしょう?蓋された以外のリンパ部位へ排泄し始め一気に拡大されます。

アトピーでないお子様も結果的にアトピーとなることも少なくありません。

本当に怖い処置です。

お友達のご夫婦に少し勉強いただいたほうが良いと思います。保湿剤を外したお子様が本当のお子様の体です。

この保湿報道の裏には、経済的ないろいろな仕掛けがあります。被害者とならないように、出来るだけ早い方向転換が必要と思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

まなさん

2020/2/315:30:11

保険で適用外の使用目的ですね。
違法行為です。
小児科の先生側も出さなくなる可能性が高いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kae********さん

2020/2/315:29:06

肌には特に問題ありません
乳児医療はタダです、税金から捻出されてます。
ヒルドイドの美容目的の乱用が問題になってます。
止めた方がいいかと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる