ここから本文です

折田翔吾氏の将棋は無理をしない将棋なので長い手数になるのですか。 編入試験...

unk********さん

2020/2/511:33:21

折田翔吾氏の将棋は無理をしない将棋なので長い手数になるのですか。

編入試験をやっているみたいで、プロとの対戦の棋譜を見させてもらったのですが、途中でしんどくなってしまいました。

プロ同士のタイトル戦の将棋に比べると手数が長いのは確かなのでしょうか。
永瀬二冠がタイトルを取る前の将棋もこんなイメージだったのでしょうか。
少し前のソフトの将棋に近いのでしょうか。
いわゆる負けない将棋というのは、折田翔吾氏のような指し回しのことをいうのでしょうか。
斬り合いを恐れずに戦う相手と、負けない将棋でも勝てる相手というのがあるのでしょうか?
折田翔吾先生も相手によって指し方を変えているのでしょうか。

閲覧数:
102
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koj********さん

2020/2/1121:10:43

本人は人生かかってるから勝ってる将棋は辛く安全勝ち、負け将棋も泥臭く粘るのでしょう。
本人の棋風は知りません。笑

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる