ここから本文です

土佐藩主山内容堂は、福井藩主松平春嶽と小御所会議などで接点がありますが、山内...

مرجانة الدفさん

2020/2/903:59:15

土佐藩主山内容堂は、福井藩主松平春嶽と小御所会議などで接点がありますが、山内容堂と薩摩の島津久光って交流はあったのでしょうか?山内容堂は明治初期に政府の役職を退いているためほとんど交流はないですか

閲覧数:
20
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

真田節さん

2020/2/907:07:43

二人とも四賢候会議メンバーだから面識はあったはずだよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ken********さん

2020/2/910:02:27

久光とも交流あります。

有名なのは、慶応三年五月十四日の四侯会議。
この日、将軍慶喜は二条城に四侯を招き、長州処分問題と横浜開港のことに関する話し合いをもっています。

四侯とは、福井の松平春嶽、薩摩の島津久光、宇和島の伊達宗城、土佐の山内容堂

容堂の側近(土佐藩家老)の同日の日記『寺村左膳道成日記』によると、
会議の後の酒宴で四人が順に写真を撮ろうということになり、将軍慶喜の御膳で横田彦兵衛という写真師が撮影しています。この時の四名の肖像写真を宇和島伊達家が伝えていて、宗城の自筆で包み紙に書き込みがあるそうです。

久光とも交流あります。

有名なのは、慶応三年五月十四日の四侯会議。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる