ここから本文です

ナマケモノって動物、あんなに動き遅くて他の動物に襲われたりしないんですか?

アバター

ID非公開さん

2020/2/906:17:56

ナマケモノって動物、あんなに動き遅くて他の動物に襲われたりしないんですか?

閲覧数:
26
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jzo********さん

2020/2/910:15:40

ナマケモノは排泄するときしか地上に降りることはなく、食事から出産
子育てまでほとんどを樹上で行います。このため、地上の肉食動物から
襲われることは稀です。
樹上にいることが仇となり猛禽類から狙われ、文字通り鷲掴みにされて
連れ去られます。
ナマケモノが減少しているのは猛禽類から捕食されているのが原因とも
言われています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2020/2/920:12:44

襲われますよ。
基本オウギワシに。
もう見つかったら終わりといっていいでしょう。
でも気づくのが早ければナマケモノは木から飛び降りて地面の茂み
に隠れてオウギワシに襲われるのを回避しています。
是非参考にしてください。
ですが、やっぱ致死率は高いでしょう。
ここまで生存してきたのが驚きです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

abc*******さん

2020/2/912:57:14

●ナマケモノは、機敏に動くことができないので、オウギワシには簡単に捕食されてしまいます。
一部の観察では、オウギワシの獲物の内、重量にして50%以上がナマケモノでした。

●ミユビナマケモノ科は地上での動作は遅いのですが、泳ぎは上手です。
これは生息地のアマゾン近辺では雨季と乾季があり、雨季には生息地が洪水にさらされることもしばしばあるため、泳ぐ技術を身につけていない個体は生存できないからと考えられています。
一方、フタユビ科は泳ぐ時に頭が水上に出ないため泳げません。

●ナマケモノは、樹上で暮らしているので、葉が邪魔になって下方からは見つけ難いのですが、オウギワシのように上方からの敵には見つけられることが多いと思われます。
上野動物園でも、ナマケモノがいた時には、大木を下から見上げて探そうとする人が大勢いましたが、中々見つけられませんでした。

●ナマケモノが地上に降りるのは、ほぼ1週間に一度の排泄時だけです。
このため、地上からの捕食者には襲われ難いと思われます。

なお、ナマケモノは人間には見つけられやすく、現地では子どもの遊び相手になることが多く、地上に降りるとイヌに殺されることが多いようです。

2020/2/907:28:29

ピンチになると勝手に日本刀が生えてくるらしいよ!?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kimuron1さん

2020/2/906:35:54

ナマケモノの天敵

樹上で暮らす一番の理由は天敵から身を守るためです。

敵に襲われた時にはナマケモノは防御する手段を持っていません。

全速力で逃げても、ピューマやジャガー相手にかなうはずがなく、見つかってしまったらもうその時点で命はありません。

周りを見渡せるように首は280℃ほど回るのですが、回して敵を確認したところで、できることは動きを止める事ぐらいなのでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ioy********さん

2020/2/906:33:05

だから高い木ノ上で生活してる
木を登る肉食動物は少ないので

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる