ここから本文です

材木屋で、切り出した木を乾かす工程では、ちょっと塗れただけでももう最初からや...

dorawiiさん

2020/2/1310:46:04

材木屋で、切り出した木を乾かす工程では、ちょっと塗れただけでももう最初からやり直しなのですか?

たとえば台風で材木を乾かしていた小屋の屋根が飛ばされてしまって、木が濡れた場合、たとえ傷などは付いてなくても、乾かした期間をリセットして乾かしなおすか、捨てるしかないのですか?

閲覧数:
50
回答数:
6

違反報告

回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ちはやんさん

2020/2/1522:34:15

材木として成形したあとは濡らしませんが、原木を乾燥させている過程ではあまり問題ありません

植物の中の細胞の水分をゆっくり飛ばしている最中なので、表面が濡れただけなら問題ないし、しみじみぬらしても、植物が生き返るわけではないので

2020/2/1420:46:29

乾かしている途中で少しでも材が濡れた場合
やり直しだそうです。材木店の方がおっしゃていました。

y86********さん

2020/2/1312:35:08

傷がなければ乾かせ直せばいい。
捨てる必要はない。

man********さん

2020/2/1312:34:22

ちょっと濡れただけ?・・・その程度が全く不明ですね。

表が濡れたでも、中間が濡れたでも、そのまま出荷したら、後で曲がりやソリが出ます。全体が均一に乾いてる状態にすることは必要です。

焚火の薪なら、ちょっと乾かせば良いですよ。

bia********さん

2020/2/1311:43:26

材木の乾燥はただ単に木材の水分量を減らすだけではありません。リグニンやセルロース等の木材成分が化学変化を起こします。ですから乾燥した木材は水に濡れても水はしみこみません。乾かし直す必要は少ないですし捨てるなぞもってのほかです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる