ここから本文です

東京の山の多いところにすんでいます。中古の家(築37年)を購入してリフォームして...

hir********さん

2020/2/1915:03:34

東京の山の多いところにすんでいます。中古の家(築37年)を購入してリフォームしています。

家が寒いので断熱材グラスウールを入れました天井 床に100mいれましたが底冷え(部屋上部27度 床部まんなか20度 はじっこ13度)するので気流どめ不足だと思い壁から覗くと、間仕切壁と床の取り合いなどにはグラスウールが入ってませんでした。外壁部分も気流どめ不足です。天井部の気流どめはおこなっています。
壁の断熱材も古い家なのであまり入ってません。(間仕切壁には入ってません、外壁部分は少量入ってます。)そこで壁を壊してグラスウールをいれるとすると大がかりな工事になりますにでインターネット検索して調べたところ、リフォームの場合、床から90cmのところで壁を切ってグラスウールを入れて効果があるとのことでした。(気流どめとのことですが天井ではなくなぜ床だけなのかわかりません。)新住協の考え方のようですが、床からの気流どめが天井からのものより重視されているようです。自分もこれに準じたやり方でやってみようと思いますが、それ以外の壁に断熱材が不足してても大丈夫か心配です。やはり壁を壊して全面に断熱材をいれたほうがいいのか詳しい方教えてください。

閲覧数:
21
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2020/2/2411:43:14

①「袋入りのグラスウール」を詰める事が、「気流止め」ではありませんから、何が必要なのか? を理解した方が良いと思いますよ。 これは建築のプロでも、ほとんど知られてはいない事実なので、適切な助言をもらう事が難しいでしょうね。

②天井部分に、ただ単に「袋入りのグラスウール」を並べても、ほとんど効果はありませんから、必ず「防湿層」と「気密層」を確保してください。

③築年数27年目であれば「2000年の木造に関する大改正の前」の建物なので、一度「耐震診断」を行った方が良いと思います。
https://www.yahagibl.co.jp/woodpita/blog/column/1958.html

④「断熱改修工事」は、とても難しい工事なので、よろしければこちらの本を読んで頂いて、どの様な点に注意をすれば良いのか? を理解してください。
https://books.rakuten.co.jp/rb/16110135/

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる