ショートでジャストの24リッターと浮力多めの32リッターでアップスしたくて練習してますが踏み込んで1回目のアップができません。

ショートでジャストの24リッターと浮力多めの32リッターでアップスしたくて練習してますが踏み込んで1回目のアップができません。 ソフトボードのショートかミッドレングス、その他何か別な物で練習すれば出来るきっかけがつかめないかと悩んでます。 どんな板でアップスの練習(一度もできたことがない)するのがよいでしょうか? 47歳女性、レベルは肩波くらいのドルフィン。テイクオフは腹くらいの波に合わせるのが確実ではなく成功率30%、モモ波なら50%くらい。テイクオフしてそのあと斜めに走ることはできます。パンピングはできません。 ホームは片貝、一宮です。

補足

アップスとはテイクオフして波のボトム、あるいはボトム近くに降りることで加速、そのスピードをつかって前足と後ろ足の踏み込みによりレールを入れて波のトップ、トップ寄りに板を上げることでさらに加速、波に乗り続けることができる乗り方。

ベストアンサー

1

こんにちは。 今のレベルでは24Lのボードはまだ早いです。 上達が遅れるばかりか、乗れなくなるので楽しくないでしょう。 サーフィンはテイクオフがかなり重要ですので、確実にテイクオフできるようになるまでは 32Lで練習した方がいいと思います。 ターンを練習し始めたあたりから、徐々にボリュームを下げ、それなりにアクションができるようになってから24Lのボードに乗った方がいいと思います。 また、アップスを練習するよりも、うねりからテイクオフしてボトムに降り、ボトムターンの練習をした方が、上達は早いと思いますよ。 アップスの練習をするにしても、ボトムターンの練習をするにしても、大事なのはボードを傾ける(結果的にレールが入る)という意識を持つことです。 踏み込むとか、足に力を入れるイメージを持つと、変に力む原因になりますし、レールを使わない小手先のサーフィンになります。 そもそも、一言でレールを入れるって言っても、具体的にどうすればいいかわからないですし、そんな事を考えている余裕もないはずです。 世界的に有名なサーフコーチも、自転車で曲がる感覚でターンしたい方向に体を傾ける(一緒にボードも傾く)という表現をしていますが、難しく考えず傾ける意識でトライしてみてください。 サーフィンの基本的な動作は、レールが入っていないフラットな状態か、爪先側のレールが入っている状態、踵側のレールが入っている状態の、大きく分けて3パターンしかありません。 楽しんで練習してくださいね。

1人がナイス!しています

ありがとうございます。傾ける、ですね。 32リッターは体重50なので浮きすぎてレール入れるとかパンピングもしようとしても踏み方がわからないのもありますが踏めないようです。傾けることはできるはずなので試してみます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん有り難うございました。 板を追加で購入すべきなのかが質問の焦点だったのですがアップスのやり方や考え方をレクチャー頂き追加購入不要と判断できました。

お礼日時:3/2 11:26

その他の回答(5件)

1

やっぱりテイクオフの成功率が低いと思う。それくらいだとうねりからちゃんと立ててるか疑問だし、他の回答者の方も言ってる通り、走れるフェイスがないとアップスしようにも出来ないし、テイクオフ時にスープと一緒にドン!とボトムに降りるようなテイクオフならなおさら厳しい。 あと、波によってアップスのやり方も変えるから、映像等で見てイメージするのが一番だと思う。 簡単に言えば波側のレールを入れたり抜いたり、の繰り返しなんだけどね。

1人がナイス!しています

1

出来ないのを板のせいにしてるパターンですね。 とにかくジャストフロートで数をこなせば答えがでると思います。

1人がナイス!しています

ありがとうございます。そう思います。自分のやってることが正解なのかわからなくなったりしたときに、板かえてみたらもしかして?って思ってしまって。

3

テイクオフ率がそんなもんならそんなもんだろ ファーストターンが決まらなきゃ次のダウンに繋がらないのだからなあ そのファーストの練習するにはテイクオフしなきゃ始まらん 率が上がる頃にはナニか見えんじゃね? みんな先を急ぎ過ぎ

3人がナイス!しています

この返信は削除されました

1

アップスとは何か? 言葉で説明してみ。 言葉で説明できなければ、理解ができていない。

1人がナイス!しています

ボトムに降りた時点で、まわりがスープになっていたらアップスはできない。アップスできる波で、アップスできるところからテイクオフしないとだめ。 ボトムに降りたら、まずは上がること。 ボトムで後ろ脚でレールを沈めて勢いつけてなんかばーって上がれ。 たぶん棒立ちだから、ちゃんと板ごと身体を傾ける意識を持て。