ここから本文です

子供の日本脳炎の予防接種についてですが。

アバター

ID非公開さん

2020/3/1312:52:30

子供の日本脳炎の予防接種についてですが。

小さい時に副作用の問題などで予防接種が中止になり、現在、18歳になったのですが。
今になって追加を受けてくださいと手紙がきてます。20歳の誕生日までに受けてくださいとの事ですが。
何年もあいて予防接種の必要性はありますでしょうか??

閲覧数:
53
回答数:
7

違反報告

回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

地獄大使さん

2020/3/1808:39:25

日本脳炎はコロナウイルスと違ってヒト-ヒト感染はしない。

つまり自分が罹っても人には迷惑をかけない、自分だけの問題。

自分が罹りたく無ければ受ければ良いし、罹っても後悔しないならば受けなければ良いだけの話。

発症者が少なく感染しても発症率は低いのは事実。

一旦発症したら3割の死亡率で治癒しても後遺症率が高いのも事実。

日本中に日本脳炎ウイルスが存在していて将来も根絶不能なのも事実。

罹る可能性が低いのだから予防接種は必要無いと言ってる奴は自分は予防接種受けてるくせに人には受けるなって言っている無責任な輩。(抗体除去してから言え)

自動車保険や火災保険と同じで事故や火事を起こさない自信があるなら入らなければ良いだけの話。

その代わりもし発生したら自己責任で償うだけの話。

2020/3/1518:22:27

こちらが
歴史においての感染症患者の割合です。

http://kozawa-iin.sakura.ne.jp/img/gurafu.jpg

どうです、ワクチンの導入は患者数の減少後ですよ。
ご想像とは違ってませんか?

これはワクチンの効果で患者が減少したのではなく
インフラが整備されて
栄養状態が改善したことにより
患者数が減少したのです
患者が減ると困るのが医療製薬業界なので
その後にビジネスとしてワクチンが導入されて
正当化されているだけに過ぎません。

打つのが不自然だとお気付きのことでしょう。それが、事実ですょ


>必要なければ来ないと思ってるので
>受けてと来てるなら必要なのでは?


必要があるのと効果があるのは別問題です。

自治体が連絡してくるのは
日米年次改革要望書に基づいて
【米国の命令に従う必要】があるから連絡してくるのであって
貴方の為を思って
効果があるから連絡してくるわけではありません。
自らの保身の為を思って連絡してくるだけです。


ワクチンビジネス 薬剤師・元参議院議員 はたともこ氏
https://www.youtube.com/watch?v=77vqd0xA2-Q


これらは政治行政やワクチン利権などの仕組みを
調べて・考え・覚醒していない人には到底理解出来ません。


【日本脳炎】

2012年11月1日から3か月の副反応報告では、
報告数41件、うち重症は11件にのぼっています。
同年には接種後に2名の死亡者が出ています。
これに対して、2012年に、日本脳炎を発症した子供はゼロ
発病者よりもワクチンによる犠牲者の方が多くなっています。

日本脳炎ウイルスはリンパ節で増殖し血中を流れていきます。
しかしこの時点で抗体を体内で作れるため自然治癒します。

日本脳炎ワクチン
「ジェービックV」の医薬品添付文書より
「本剤は日本脳炎ウイルス北京株を Vero 細胞
(アフリカミドリザル腎臓由来株化細胞)で増殖させ
得られたウイルスを採取し、ホルマリンで不活化した後
硫酸プロタミンで処理し、超遠心法で精製し
安定剤を加え充填した後、凍結乾燥したものである。
なお、本剤は製造工程で、ウシの血液由来成分(血清)
乳由来成分(エリスロマイシンラクトビオン酸塩)
ウシ及びヒツジの胆汁由来成分(デオキシコール酸ナトリウム)
ブタの膵臓由来成分(トリプシン)を使用している。」

日本脳炎ワクチンは、接種後に
ADEM(急性散在性脳脊髄膜炎)に罹患する可能性があるとして
2005年、厚労省からの積極接種勧奨差し控えの勧告以降
ほぼ中止状態にまで至っていた。

その後それまでのマウス脳由来のものから
2010年より組織培養法による
新しい日本脳炎ワクチン(2009年発売)が開発・提供され
以後積極的に接種されている。

このワクチン「ジェービックV」は
凍結乾燥品とすることにより有効期限も長くなり
保存剤(チメロサール ≒ 水銀)を含める必要がないとして含まれていない。

但し治験の際にこれまでのワクチンより
副反応発現率が高いという結果が得られているのに
抗原量を変量(要するに薄めて)して追加試験を行い審査を通してしまった。

結果としてワクチン接種再開後に副反応報告(重篤なものを含む)が倍増
当初の臨床試験の通りの状況となっているのが現実。

ところが
国・業界ではワクチン接種の副反応として認める期間の設定により
それを少しでも外れると因果関係無しとしてしまうため
シリアスな副反応は無いと捏造されています

なお、日本脳炎の抗体は
感染研調べで非接種群であっても10歳になると
約80%が保有することがわかっています

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/06/dl/s0616-5f.pdf


そもそも
患者もいない
自然治癒もする
対処療法でも治る
副作用のリスクがある

何故そのようなワクチン接種が必要なのでしょうか?

予防とは感染しない自己免疫力の向上です。
感染しても発症を抑える自己免疫力の向上です。
発症しても重症化にならない自己免疫力の向上です。


ワクチンがあぶない!
https://www.youtube.com/watch?v=rxMO7U5YDl8

すべてのワクチンは一切効果が無く有害
https://www.youtube.com/watch?v=uvmD1l97PI0

kam********さん

2020/3/1409:45:27

ご存じの通り、脳炎や急性散在性脳脊髄炎(ADEM)の副作用を多発した為、接種が一時中止されていました。ウィルスを、動物の脳で培養しない新しいワクチンで接種が再開されましたが、以前よりハイペースでADEMを出しています。又、接種が控えられた5年間、患者が増えることのなかった病気です。危険なだけで、必要性の無いワクチンの代表格ですね。
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000590715.pdf

  • kam********さん

    2020/3/1416:33:24

    下の方の感染研のグラフでは、10%位は非接種者が含まれるが、発症者のほとんどが体力、免疫力共に落ちた高齢者で、子供の発症はここ十数年で1名しか出ていない。副作用と天秤に掛ければ、必要なし以外に答えがあるのかな??

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

red********さん

2020/3/1317:19:20

こちら https://www.niid.go.jp/niid/ja/y-graphs/8847-je-yosoku-vaccine2018.... に接種状況調査があります。
人数の限られたボランティア調査の性格なので、細かすぎる分析には向きませんが、おおまかな傾向は分かります。

どうです、同世代の接種率・回数は、ご想像とは違ってませんか?
打つのが普通だとお気付きのことでしょう。それが、現実ですょ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nik********さん

2020/3/1315:08:34

通常、日本脳炎ワクチンは、7歳半までに3回(生後半年から接種可能だが多くの地域で推奨は3歳~)と、9~12歳に1回の、計4回接種します。
最初の2回で基礎免疫ができ、残りの2回は免疫を長く続かせる為の追加免疫です。

それら4回の接種が済んでいても、壮年、老年になると免疫が切れて感染する方が出ます。日本で日本脳炎を発症する方の多くはその年代です。

現在18歳のお子さんは、何回接種しているのか存じませんが、4回の接種は済んでいないとの事なので、おそらく現在十分な日本脳炎の免疫はないと思われます。
日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを持つ蚊に刺されても、発症するのは1000人に1人ぐらいです。今までは、免疫はないけど、たまたま運良くウイルスを持つ蚊に刺されなかったか、刺されたけどたまたま発症しなかっただけでしょう。

期間があいてしまっても、規定回数を接種すればきちんと免疫ができますので、今からでも追加接種する事をお勧めします。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる