回答受付が終了しました

コロナの影響でタイから出国すると戻れそうにないので・・・ ノービザでタイに入国しました。(+30日) これを30日間延長します。

コロナの影響でタイから出国すると戻れそうにないので・・・ ノービザでタイに入国しました。(+30日) これを30日間延長します。 (+30日) ここからさらに延長したい場合、どういった方法がありますか? タイから出国せずにビザを取得することはできますか?

ビザ124閲覧

回答(7件)

0

タイはビザなし入国後、2回延長が可能です。1回目30日 2回目7日 合計で67日滞在可能です。 どちらもイミグレーションで1900バーツです。コロナの影響で出国困難な場合は日本大使館のレターがあれば2回目の30日延長可能ですが、非常事態宣言で外出自粛や移動自粛制限が出ている状況でも何故か日本大使館はレターを発行していません。アメリカやイギリス、カナダの大使館は予約していたフライトがキャンセルになった時点で大使館から迅速に30日の延長を要請するレターを発行しています。日本の大使館の対応は昔から非常に悪くて有名です。過去に無い事例はなるべく作りたくないという考えだけで対応していますし、コロナに対する危機感や移動によるコロナ感染の可能性を全く考慮していませんし、日本大使館の対応はこれから事態が悪化してきても何も期待できません。 最悪、滞在可能期限内のフライトがキャンセルされ帰国できない場合はオーバーステイになりますが、90日未満のオーバーステイは再入国拒否にはなりません。オーバーステイの罰金は1日500バーツで最高20000バーツまでと言う決まりがあります。20日以上オーバーステイしても20000バーツの罰金です。海外では自分の身は自分で守るしかありません。最悪の場合帰国出来るまで静かしていて、帰国時に罰金を支払うのも一つの方法です。これからタイ政府から何らかの救済処置が出る可能性もありますが2020年3月26日の現状はこんな感じです。

0

いずれにしてもオーバーステイをすると再入国は相当の長期間できませんから在留期間内に日本に本帰国して、状況の収束を待つしかありません。 お勤め先指示による出張であればお勤め先と相談し、速やかに代員を出してもらうようにしてください。代員との仕事の引き継ぎなどについてもお勤め先と相談してください。(現状を考えると可能ならば現地人の代員を立てることが優先されると思いますが、代員が日本人の場合、14日待機要請と代員の査証申請の関係でテレワーク環境を構築してそれを使って引き継ぎを進めざるを得ないと思います。) 引き継ぎ完了後、あなたは本帰国ということになります。

0

不可能、結果的にオーバーステイになっても、ブラックリストに乗って、タイへの 再入国は、少なくとも5年間は無理。

0

できるわけねーだろ。病気なんかならわかるが自分勝手な理由じゃんよ。帰国するかオーバーステイかの選択だ。

0

O/Aビザのリタイアメントが有りますが歳が50歳以上で80万バーツの残高証明書とノービザ滞在の残が21日間位無いと無理です。 後はタイ人と結婚して配偶者VISAと言う手も有りますが沢山の書類が要るので日本に一度帰らないと用意出来ないと思います。 通常でもタイ国内でのノービザからビザを取るのは難しいので無理だと思います。 ノービザは30日+30日+7日なので過ぎる前に帰国した方が身のためです。