ここから本文です

ピエール・ドゥ・ロンサール、去年の3月に新苗を購入してベランダで鉢植えで育て...

fp_********さん

2020/3/2418:49:41

ピエール・ドゥ・ロンサール、去年の3月に新苗を購入してベランダで鉢植えで育てています初心者です。
夏には160㎝近くまで伸びて鉢の中も根でいっぱいになってるようだったので、夏場でしたが鉢替えで10号鉢に替え

ました。さらに秋には元の2本の茎は細いままその外側からそれぞれに伸びていたの太いシュートが2m超えたので、さらに12号鉢に替えて剪定し、冬には80×210のフェンスに誘因しました。足元に鉢を置いて固定するタイプのものです。
現状は新芽もたくさん出て葉っぱも濃い緑で元気にみえます。
前置きが長くなりましたが、2年目のことし上手く花を咲かせる為に気を付けることと、薬を撒くタイミング、新しいシュートのような根元の新芽(太いの一つ、今から出そうな芽が二つ)をどうしたらよいか教えていただきたいです。鉢植えもまだ必要でしょうか、土の表面をすこし掻き分けるだけで小さい根っこのようなものがわしゃわしゃと見えて窮屈そうでもあります。
よろしくお願いします。

補足鉢替えもまだ必要でしょうか…です。

閲覧数:
167
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

swi********さん

2020/3/3001:54:41

鉢替えとは鉢増しのことですか?植え替えなら毎年病害虫予防のためにした方がいいと思いますが、鉢増しはすればするだけ大きくなりますよ。
私は5年くらい10号鉢で育てました。
根がはりすぎるなら冬の植え替え時に古くなった根を少し多めに切り落としたらどうでしょう?

ピエールは冬の剪定さえしておけば割とほったらかしでもポコポコ咲く品種だと思います。
我が家では雨ざらしですが農薬はまいたことありません。黒星はたまに出ますけど出たらその葉を切り落とすくらい。
あえて言うなら一般的なバラの農薬撒くタイミングでいいのでは。
(ちなみに徹底的にやる人は半月ごとに違う種類の農薬を撒いてます。耐性がつかない様に種類を変えるそうです)

枝に関してはシュートと去年の枝を残して一昨年の枝を切り落とす感じでいいんじゃないでしょうか。
ちなみに我が家は二年前の枝も普通にとってますけどね。
ルールという事よりもその子その子に合わせて花付き良くて良い枝なら咲かせるし、古くなって花付きが悪くなれば切り落としてあげる感じにしてます。

質問した人からのコメント

2020/4/2 01:05:45

お答え分かりやすくありがとうございます。
根っこはカットしていいんですね。狭いベランダにもうひとつ10号鉢もあるので、今の12号のまま育ててみます。
先ずは2年目の今年に初めての花がちゃんと咲いてくれるようにお世話したいと思います。

Yahoo!知恵袋 特別企画

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる