ここから本文です

古文の問題について

アバター

ID非公開さん

2020/3/2515:29:21

古文の問題について

初歩的なことなんですけど、
"恨む"はなぜ上二段活用なんでしょうか?
打消の助動詞『ず』をつけて、i段になるのが上二段活用で、
『ず』をつけると恨まずになり、四段活用ではないのでしょうか?
わからないので教えていただけると嬉しいです。

閲覧数:
12
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mez********さん

2020/3/2812:37:45

語源が「うら(心)見る」で、「見る」が上一。その名残で
上代(奈良時代)は上一、中古(平安時代)は上二、近世以降は四段にだんだんと変化した、とのこと。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ゆゆさん

2020/3/2516:44:29

こればっかりは覚えるしかないと思います…。
しかし、上二段活用の動詞は四段活用や下二段活用の動詞と比べて比較的少ないので、上二段なら覚えるのがいいと思いますよ。

正確に説明することができなくてすみませんm(。>__<。)m

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる