ここから本文です

質問させていただきます。 (事例) Aが死亡し、遺産として土地があったが、...

こたろーにさん

2020/3/2613:14:36

質問させていただきます。

(事例)
Aが死亡し、遺産として土地があったが、Aには多額の借金があり、当該土地には抵当権も設定されていたため、Aの相続人全員が相続放棄をした。

当該土地上にはAの甥(B)夫婦が住む建物(B名義)が建っている。
AとBとの間で敷地の使用貸借契約が締結されている。

相続放棄をして半年以上経ったが、現時点でも当該土地の登記名義はAのままになっている。

Bは当該土地の所有権を取得したい。

この場合にBが当該土地の所有権を取得するために取り得る手段はなにがありますか?

よろしくお願い致します。

閲覧数:
46
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2020/3/2614:50:56

①第3順(被相続人の兄弟)までの相続人全員が相続放棄済み。
②その後、相続財産管理人の選任も申し立ててある。
③既に相続財産管理人は選任されている。

何番まで済んでいますか。

全て既に済んでいるのでしたら、相続財産管理人に国庫に帰属されるのはいつか、競売が始まるのはいつ頃か、実はBが取得したい、と言ってみてはいかがでしょうか。

  • 質問者

    こたろーにさん

    2020/3/2717:07:32

    ご回答ありがとうございます。
    現在、①(相続人全員が相続放棄済であることは確認しております)の状態であり、その後、相続財産管理人の選任申立等があったかどうかは把握しておりません。

    調べてみると、申立は利害関係人、検察官そして特別縁故者もできるようですね。

    しかし、当該土地には抵当権が設定されており、更に当該土地上にはBの建物が建っていて敷地利用権もあるとなると、抵当権者はわざわざ高い予納金を支払って申立をする意味はなさそうですし、他の債権者もこのような土地のために申立をするとは思えませんね。
    そうすると、Bとしては特別縁故者にあたるとして申立をしてみるのも手でしょうか?

    国庫に帰属されてから競売で取得するのとどちらが費用的に少なくすむのでしょうか。

    具体的な手続を理解していませんので質問自体おかしいかもしれませんが。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる