ここから本文です

フランスがワインが主流なのに対し、ドイツはビールがお酒の主流となったのは何故...

g19********さん

2020/3/3108:49:20

フランスがワインが主流なのに対し、ドイツはビールがお酒の主流となったのは何故ですか?ドイツにも、有名ワインはありますが。

閲覧数:
100
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ckd********さん

2020/3/3108:54:22

かんたんに言えば気候。
ドイツはブドウを作るには寒すぎた。
品種改良や温暖化で今は作れますが、麦が原料のビールになるのは必然でした。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/4/107:47:58

世界4位のワイン消費国がビールが主流とは言えないでしょう!

ちなみに消費量ダントツ1位のアメリカですが
ワインが主流のイメージがありますか?

ということで、何故と言われれば
あなたのイメージがそうなのでしょう!
というのが回答になります。

han********さん

2020/3/3111:41:03

ドイツはブドウの生育限界ギリギリで全土でワインを生産できなかった訳で(ほぼ南部の端っこでのみ生産)、最近は品種改良なんぞでそうでもないが。

hyp********さん

編集あり2020/3/3110:46:01

確かにドイツのビールは美味しいと思いますが、どこからの情報か知りませんが間違えていますね。フランスでは確かに食事に合わせてワインは飲みますがビールと比較する物では有りませんから目的からして異なりますね。

goi********さん

2020/3/3109:22:25

なってないけど…

ビールはバイエルンね
バーデン、ヴュルテンベルク、ヘッセン、ザクセンとかははワインが主流

ライン川沿いはワインが主流ですよ

Yahoo!知恵袋 特別企画

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる