ここから本文です

ノーフォーク農法で生産していたカブは現代のようにおいしかったんですか?それと...

アバター

ID非公開さん

2020/4/610:56:12

ノーフォーク農法で生産していたカブは現代のようにおいしかったんですか?それとも、家畜用の特殊なカブで人が食べるものではなかったんですか?

閲覧数:
18
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/4/1310:13:17

ノーフォーク農法で生産していたカブは現代のようにおいしかったんですか?
>生産されたカブは甘みがある多汁質だったのでおいしかったんじゃないですかね。


それとも、家畜用の特殊なカブで人が食べるものではなかったんですか?
>人用ではありませんでした。人用作物なら中耕作物ならジャガイモを栽培すればよかった。

解説
生産されたカブは甘みがある多汁質の飼料として、収量では栽培牧草に劣るものの乾草や藁に補完する養分供給となりました。
飼料が劣化を続ける冬季においても家畜の食欲を維持し、ジャガイモではチーズが粉っぽくなってしまうのに対して甘く品質のよい羊や牛の乳生産や肥育に好影響を与え、拡大する都市の畜産物需要に対応した。

アバター

質問した人からのコメント

2020/4/13 16:23:38

なるほど!!!!細かくありがとうございました!!!m(_ _)mm(_ _)m

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる