ここから本文です

以下の福井新聞の記事を読んで、下の質問にお答え下さい。

眠る毒ヘビさん

2020/4/1412:40:33

以下の福井新聞の記事を読んで、下の質問にお答え下さい。

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/627341 (震度7なら福井県民3万人死傷か 県が最悪ケース想定、対策準備を p1 )

『福井県内にも被害をもたらす可能性がある「南海トラフ巨大地震」への警戒が高まっている。海溝型地震だけでなく、6月18日には大阪府北部で震度6弱を観測する直下型の地震が発生した。一方、局地的に激しい雨が降る「ゲリラ豪雨」や土砂崩れなども全国で相次ぐ。1948年の福井地震では九頭竜川の堤防が破壊され、約1カ月後の大雨で大きな被害が出た。県内には今後、震度7の地震を引き起こす可能性が否定できない断層も存在する。70年前の「複合災害」を教訓に、地震や水害への備えを考える。

■県民3万人死傷か

福井県の地域防災計画は最大震度7となるケースを想定しており、福井地震と同様の地震が発生した場合、最大で3万人近くの死傷者を見込んでいる。県内各市町は同計画の想定や独自調査を基に、最も被害が大きくなるケースの震度分布図を公開している。県は「発生時の危険性を知り、防災意識を高めることは、いつ発生するか分からない地震に対して重要」と訴えている。

同計画では、1995~96年度と2010~11年度に実施した予測調査に基づき、嶺北、嶺南それぞれで最も大きな影響が出る地震の被害を想定している。

95~96年度調査では、福井地震と同様の地震が発生した場合、福井、坂井、あわら市で最大震度7となり、冬期の夕方(午後5~6時)なら死者約4200人、負傷者約2万5100人と予測。敦賀市付近を震源とする「敦賀断層地震」が起これば、敦賀市で最大震度7、死者約1100人、負傷者約8400人と見込んでいる。

国の主要活断層評価の公表を受けた10~11年度調査では、「福井平野東縁断層帯」と「浦底―柳ケ瀬山断層帯」が活動した場合の地震が最も大きな被害が出ると想定。「福井平野―」地震は、福井、坂井、あわら市と永平寺町で最大震度7、人的被害は冬期の早朝(午前5時)発生で、死者約2千人、負傷者約9200人と予測する。「浦底―」地震は敦賀市で最大震度7、死者約700人、負傷者約3300人が出るとみている。

気象条件や時間帯などにより被害想定は変わってくるが、県危機対策・防災課は最大震度7のような強い地震なら深刻な被害は免れないとした上で、「揺れやすい地域に住んでいる人は、住宅の耐震補強や家具の固定といった対策を優先的に行うなど、日頃の備えを十分にしておく必要がある」としている。

県内各市町の多くは「地震防災マップ」を作成し、ホームページで公開している。同マップを紹介する県のページ(「福井県 地震防災マップ」で検索)に各市町へのリンクがある。』

① 『県内には今後、震度7の地震を引き起こす可能性が否定できない断層も存在する。70年前の「複合災害」を教訓に、地震や水害への備えを考える。』に、当然に美浜、大飯、高浜の三原子力発電所の過酷事故が発生すればどうなりますか?

② 『福井地震と同様の地震が発生した場合、最大で3万人近くの死傷者を見込んでいる。』とは、震度7の巨大地震を想定しての事ですか?

③ 『敦賀市付近を震源とする「敦賀断層地震」が起これば、敦賀市で最大震度7、死者約1100人、負傷者約8400人と見込んでいる。』とは、三原子力発電所も到底耐えられる事は出来ませんよね?

④ 『「福井平野―」地震は、福井、坂井、あわら市と永平寺町で最大震度7、人的被害は冬期の早朝(午前5時)発生で、死者約2千人、負傷者約9200人と予測する。「浦底―」地震は敦賀市で最大震度7、死者約700人、負傷者約3300人が出るとみている。』事から、『原発銀座』の原子力発電所は無事に稼働出来ますか?

⑤ こんな地震想定もされているにも関わらず、関西電力は原子力発電所を稼働しているんでしょうか?

閲覧数:
28
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/4/1418:55:38

① 福井県内には今後、震度7の地震を引き起こす可能性が否定出来ない【未知の活断層】が存在しており、70年前の『複合災害』を教訓に、地震や水害への備えを考えるべきであり、当然に70年前に無かった原子力発電所が過酷事故を起こせば、関西を中心に日本国の中央部が壊滅的被害を放射能で受ける事に成るのであります。

② 福井地震と同様の巨大地震が発生した場合には、最大で3万人近くの死傷者を見込んでおり、震度7の巨大地震を想定しての事であります。

③ 敦賀市付近を震源とする『敦賀断層地震』が発生すれば、若狭湾の【原発銀座】の4原子力発電所は到底耐えられる事は出来無いと思うのであります。

④ 多くの地点で最大震度が7では、人的被害は甚大なモノと成りかねず、【原発銀座】の4原子力発電所は無事に稼働出来ず、緊急停止しても福島第一原子力発電所事故の様な重大過酷事故に至ら無い保証は無いのであります。

⑤ 斯様な地震想定もされているにも拘らず、関西電力は美浜、高浜、大飯の3原子力発電所を稼働させているのであります。

何れに致しましても、福井地震の再現が当然に起こるのであり、原子力発電所が無かった70年前とは違い、『複合災害』も極めて過酷なモノに成る事は、火を見るよりも明らかなのであります。

質問した人からのコメント

2020/4/18 21:36:56

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kb_********さん

2020/4/1606:24:41

深度7ではなくても (福井でなくても)3万人の死『傷』者は でる可能性はあります
・東大地震予知研究所の方も
「日本で地震が起きない所はない」と断言しています
・ここ数十年の大震災から、
今まで地震が起きていない地域こそ 実質的被害が大きいです。震災後「断層はなかった。今回の地震で新たな断層ができた」とのセリフ聞いた事ありませんか?
断層が先か、地震が先か、
断層がある所は、免振機能あるもあるので、
敦賀断層 が 直接被害が起きるかどうかは?です
①廃墟、近寄らぬ事
②? 深度7でなくてもありえます
③施設が耐えれても、近隣のインフラ崩壊しています
④イ●○工ノレのメソテナソスの方が駆けつけ、フク苺-五と同じ結果になります
⑤しないと死ぬからです

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/4/1421:09:48

① 福井県では1948年に『震度7』に相当する大地震が発生しています。震度7の地震が襲えばどこの原発も過酷事故を起こす危険性があります。
福井県にある原発が福島のような過酷事故を起こせば、日本の国家としての存在も危うくなるでしょう。

② 過去の『福井地震』を想定したものですね。しかし、70年前には原発はありませんでした。原発事故の分を加算する必要があります。

③ 過去、震度6強の地震で多くの原発が壊れています。震度7なら壊滅的な破壊が想定されます。

④ 原発が破壊されることの想定が無いのでは、切実感が感じられませんね。

⑤ 地震のことを考えたら、原発の稼働は直ちにやめるべきです。関西電力にはその程度の『想定力』もないのでしょうか。

①...

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる