ランボルギーニがフェラーリに対抗心を抱いているのはなぜですか?

ランボルギーニがフェラーリに対抗心を抱いているのはなぜですか?

自動車49閲覧

ベストアンサー

0

他の方のおっしゃる通り、フェラーリ好きで乗っててクレーム入れたらフェラーリにてめーん家のトラクターにでも乗ってろと言われてフェラーリを見返す為にランボルギーニを作った。

その他の回答(5件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

フェルッチョ本人によって入念に練られた作り話 https://toyokeizai.net/articles/-/106133?page=4 このエピソードはフェルッチョ本人によって入念に練られた作り話なんだ。彼は運転が荒かったからフェラーリのクラッチをすぐにダメにしてしまい、よく交換していたようだ。 しかし、それはハイパフォーマンスカーなら当たり前であり、欠陥という訳ではない。そもそもエンツォ・フェラーリに会ったことすらなかった。ランボルギーニという会社にマスコミやカーマニアが興味を持ってくれるようにリークした訳だ。付け加えておくと彼は決して粗野で乱暴でもなく、仲間を尊重する温和な人間だったがね」 フェラーリを中心として動いているスーパーカー界において、新規ブランドがアピールのためにアンチ・フェラーリを謳うのはわかりやすい戦略だ。そこでそのフェラーリにケンカを売る過激で革新的存在がランボルギーニであるとアピールしたワケだ。 http://intensive911.com/?p=47337

画像
0

ランボルギーニが自動車製造へ参入した理由としてフェラーリとの確執をロマンティックに脚色されているが実際には 〇レーシングカーの払い下げのようなクルマでは無く、真のGTカーの提言 〇前述の部品の例からスポーツカービジネスは莫大な利益を生み出すビジネス をフェラーリ所有によって学び実践したということらしい。

0

昔、フェルッチオが フェラーリに乗ってたけど、 その当時はフェラーリのクラッチには 重大な欠陥があった。ある日、 フェルッチオのフェラーリも クラッチがぶっ壊れて修理しようとしたら、自社のトラクターのクラッチを 10倍ぐらいの値段で売りつけられた。 その時に、フェルッチオは こんな対応をするフェラーリを いつか見返してやると言う対抗心から スーパーカー制作を始めた。 とか聞きましたよ。

1

昔、ランボルギーニの創業者が、ランボルギーニを創業する前、フェラーリに乗ってて、ある日、乗っていたフェラーリの不具合を直してもらいに行ったが、相手にしてもらえず、一念発起、ランボルギーニを立ち上げ、見返してやろうと思ったらしい。

1人がナイス!しています