ここから本文です

若年性認知症やうつ病、うつ病認知症、自律神経失調症を防ぐには、どうしたら良い...

ID非公開さん

2020/4/2817:20:29

若年性認知症やうつ病、うつ病認知症、自律神経失調症を防ぐには、どうしたら良いでしょうか?また、心や神経、精神的な病気を防ぐには、どうしたら良いでしょうか?

閲覧数:
16
回答数:
6

違反報告

回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

何故、でしょうか?他には?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

xvs********さん

2020/4/3005:47:14

うつ病の治療には『お薬』と『休養』と言われています。どちらも必要です。

『休養』=ストレスが無い状態でお薬の効果で体調を改善する訳です。

しかし『お薬』だけの場合は、お薬の効果が”ストレス”で打ち消されてしまうので体調改善しない(または改善しても遅い)と思います。

風の噂だがしかし岡島あいのHPと助けになるそうです。[うつ病 岡島あい]をNETと探すと見れるかもしれませんですね。

『お薬』と『休養』によって少しづつ体調(気分の落ち込み)改善されると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

men********さん

2020/4/2900:00:33

何故近年において精神疾患が増えたのか?

この解釈によって対応は変わりますよね。
ストレスが原因だなんて思っているのは時代遅れになります。


医療機関での自律神経ネタの解釈には十分注意してください。

相変わらず精神医療では精神的ストレスなどからの自律神経失調の発症が既定路線のような印象ですが、自身の経験から殆どの方は全く違うとみており、精神医療の存在について非常に危惧しております。
あの原因推察と投薬治療が本質的だと本当に精神科医が思っているならあまりに早計かと。
(精神科医本人やその家族が罹患した場合の治療や対応が明らかになることが節目になるとみます。
精神科医や親族は投薬治療を受けない等←広告費で運営していないFACTA等のメディアに期待)

スマホ、パソコン、ゲーム機の多用

姿勢の悪さ、猫背、体の歪み→慢性的な首こり肩こり、ストレートネック、肋間神経痛、顎関節症、後鼻漏、頚椎椎間板ヘルニア、目眩、偏頭痛

胸郭の歪み→胸郭出口症候群、肋間神経痛、慢性的な肩甲骨の痛み

慢性的な息苦しさ、ヒステリー球、逆流性食道炎、呑気症、嚥下障害

自律神経失調→高ストレス(既に原因か結果かを判断する判断力なし)

鬱病、パニック障害


原因を精神的ストレスだと考えると治りませんよ?
完治しての総括ですが、精神医療に翻弄されたら負けだと感じています。


精神科医が気分障害や精神疾患の原因に挙げる精神的ストレス、トラウマ、性格、家庭環境、どれも近年における患者の急増を説明するにはあまりにも弱いと考え、自力で完治しています。


有難いことに精神科医dig氏も投薬治療では完治しないことを明言されています。
どの精神科でもその前提をブレなく説明すべきと思います。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q131997211...
たまに「とりあえず飲んでみて」的な精神科医がいますが説明責任の放棄ですね。
投薬治療で一時的に症状が緩和する事で飲み続ける合理性があると勘違いしてしまう患者がどれだけ多いか考えるのも恐いです。成分からの依存症議論以前の問題です。

鬱病やパニック障害などの気分障害の原因は精神医療が言う「精神的ストレス」では無いと確信して自力で完治しています。
一般的に完治しないとされているのは精神医療における原因推察や治療法に妥当性が無いからだと考えています。


その場で胸式呼吸で肩をあげずに深呼吸できますか?
腹式呼吸ではなくです。(腹式呼吸をしないようにお腹を凹ませた状態で)
問題の本質は精神医療が原因として挙げる精神的ストレスではなく、「姿勢の悪さ、猫背、体の歪み」でした。

どうりで老若男女問わず現代人がなりやすい訳です。
学生がストレスで、、とは精神医療も自分たちでおかしい見解だと分かっているはず。
肩こり、首こり、背中の痛み、顎関節症、ストレートネック、長期で治らない逆流性食道炎などがあれば非常に分かり易い傾向ですね。
これが多くの方に共通するなら精神医療の投薬治療で症状が完治しないのも当然です。
投薬治療で姿勢や体の歪みは治りませんので。
精神医療が気分障害の原因を明らかにできない理由が投薬治療の妥当性維持のためだとしたら、国民に対する完全な背信行為だと思います。
ちなみに彼等は気分障害に体の痛みが伴いやすい事を既に把握しています。
また、一時期医学や医療が「首」に着目した事がありましたが、神経云々の話に展開して結局患者には理解不能なメッセージになったままです。むしろ「首」に注目していた医療機関は何らかの圧力を受けたかのように声を上げなくなっていきました。


スマホやパソコン、ゲーム機などの長時間利用には十分注意なさってください。


まずは後ろ合掌など背中のストレッチを進めてみてください。
両肩の高さを合わせて後ろ合掌(出来なければ背中側で両手を絞るように繋いで、両側肩甲骨を強く寄せる)しながら、顎を引いて首を伸ばすようにするストレッチ、また顎を引くのではなく、顎を突き出してやるバージョンはお勧めです。
呼吸自体のトレーニングですが、誰かに肺の高さの背中に手を置いてもらって、お腹を凹ませて肩を上げないようにして背中を膨らませる事を意識して胸式呼吸で手を押し返すトレーニングをお勧めします。
また、テレビを見ながらでも良いのでお尻と床の間に手(掌は上向き)を挟んで仰向け寝して、両方の肩甲骨を強めに寄せて胸式呼吸してみてください。



先日は大変嬉しいBAを頂きました。
気分障害の原因の考え方、完治までのプロセスなどをまとめてます。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q102195144...

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141997154...

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q131999062...

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q132076070...

気分障害が心因性だと盲信している精神医療の抜本的な是正を進められればと思っています。
おかしな部分があれば、しっかり国民全体で引導を渡しましょう。


皆さんもご自身で改善することで精神医療の妥当性、存在意義について考えて頂ければと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hcf********さん

2020/4/2823:21:26

問題解決能力を身に付ける事です。
どんな問題も解決すればそういった病にはなりません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

moc********さん

2020/4/2820:30:12

ストレス耐性をつける。
そのためには、運動、食事、睡眠は重要。

ただし、先天性の遺伝子異常は防げないが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる