ここから本文です

民事訴訟における一部請求につき質問です。 一部請求につき、明示がなされなかっ...

ioa********さん

2020/5/1221:51:45

民事訴訟における一部請求につき質問です。
一部請求につき、明示がなされなかった場合、債権全体が訴訟物となるため、残額を後訴において請求することは既判力に抵触し許されない事を学習しま

した。
これはつまり、原告が1000万のうち500万円を、一部であることを明示せず請求し、認容された場合、
①500万(請求額)の存在
②500万(残額)の不存在
につき既判力が生じる。
後訴は前訴と訴訟物を同じくし、既判力が及ぶため、500万(残額)の存在を主張することは、既判力に抵触し許されない、という事でしょうか。

閲覧数:
12
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rma********さん

2020/5/1223:00:23

完全におっしゃる通りです。特に補足すべき点もございません。

質問した人からのコメント

2020/5/12 23:04:15

ありがとうございます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる