ID非公開

2020/5/13 9:04

33回答

世帯分離について教えて下さい。 75歳以上の両親と、未婚の子50歳の3人世帯です。そこにもう1人、未婚の子48歳が戻ってきます。 50歳と48歳の両方とも会社員で、年収300万円弱です。

世帯分離について教えて下さい。 75歳以上の両親と、未婚の子50歳の3人世帯です。そこにもう1人、未婚の子48歳が戻ってきます。 50歳と48歳の両方とも会社員で、年収300万円弱です。 アパートの立ち退きが決まり、将来的な事や節約を考えて、親子同居をする事になりました。 ただそうなると世帯年収が増えますよね。両親の保険料負担が増えたり、医療費の負担割合が変わったりするでしょうか? また将来的に介護サービスを利用するようになったら、介護保険の負担額も変わりますか? 両親の収入は年金のみですが、非課税ではありません。

補足

ネットで調べていても、後期高齢者なら子供世帯の年収は関係ない説と、関係する説の2通りが見つかります。どちらが正しいのか分からず質問しました。

社会保険 | 税金354閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ただそうなると世帯年収が増えますよね。両親の保険料負担が増えたり、医療費の負担割合が変わったりするでしょうか? >はい。変わる可能性はあります。 その場合は 世帯分離をすることで 解決できる場合もありますが メリットと デメリットがあります。 世帯分離とは? 世帯分離とは、同居しているが住民票の世帯を分けることです。介護のため親子が同居しているが、親世代と子世代は生計を別にして暮らしているということで、同じ住所の同じ家の中に、世帯主が2人いるという形になります。介護保険を利用している場合、親子の収入を合算した額が世帯所得となり、その金額に応じて負担額が決められています。親世帯が無収入または収入が低い場合には、介護費用の自己負担額を減らせる場合があります。 メリット •後期高齢者医療保険料が下がる •介護保険料が下がる •高額医療費の負担上限額が下がり、結果的に軽減される •高額介護サービス費が下がり、こちらも結果的に軽減される。 •入院・介護施設入所の食費や居住費が下がる可能性がある。 デメリット •世帯分離前には合算出来たが、分離後は高額療養費の世帯合算ができなくなる •職場によっては家族手当がもらえなくなる となっています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:5/18 8:32

その他の回答(2件)

1

介護保険料でいうと、 両親が非課税の場合は世帯に課税の人がいるかどうかで保険料額が変わりますが、 両親が課税なら、世帯に課税の人がいようと変わりませんし、世帯の収入を関係ありません。

1人がナイス!しています

0

ご両親は75歳以上で後期高齢者ですから保険料は変わらないです。 世帯収入が増えれば国民健康保険料は上がって来ます 社会保険の扶養認定されれば保険料は変わりません。