宅地造成などに使うコンクリート擁壁の計算で、上載荷重として10kN/m2(一般的な木造2階建て想定)を考慮していますが、 この10kN/m2には基礎部分の重さも含まれているのでしょうか?

耐震 | 工学245閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

質問に対する答えを頂けたのでベストアンサーさせていただきます。 ありがとうございました!

お礼日時:2020/5/18 21:28

その他の回答(1件)

0

☆、日本建築士会連合会の擁壁図集は、宅地擁壁は積載荷重は5KN/㎡ ≧とあり、道路の擁壁では10KN/㎡≧として設計していたかと思います。 但し、都道府県の宅地造成や開発基準で10KN/㎡と決めているのもある。 ☆、宅地造成では木造二階建てで、表土から3.50m≧を30KN/㎡≧の地 盤改良を求めているかと思います。それ以上は建築士の設計者が、地盤 調査報告書で建物の構造に沿った基礎と地盤改良杭で支持層までとする。