ここから本文です

不動産関係、隣の家との境界、ブロック塀についての質問です。 現在我が家(A)、...

AKIさん

2020/5/1607:26:22

不動産関係、隣の家との境界、ブロック塀についての質問です。

現在我が家(A)、現在の隣の家(B)、昔の隣の家(C)との間にある
ブロック塀の扱いについての質問です。

もう40年程も昔の話ですが、我が家(A)と、昔の隣の家(C)との
境界線に共同で費用を折半し、土地の中間線にブロックの真ん中が
来るように、ブロック塀を作成する事となりました。
ところが、施工業者の腕が悪く、玄関側はブロックの真ん中が、土地の
境界線ですが、徐々に家の奥にいくにつれて曲がっており、家の奥側の
ブロックは、昔の隣の家(C)の敷地内に100%入っている状態です。
(法務局も確認しています。)
その為、当時ブロックの費用は我が家が50%負担。C家は施工業者と
話をし費用は支払っていない状態です。

そこから、月日が流れC家は引っ越し、跡地に15年前程に新たにB
家が入居しました。しばらくは問題無かったのですが、家の奥側の
B家の敷地内に100%あるブロックがB家側に傾いて倒れそうになっております。

このケースで言うと、ブロック塀の撤去・修理・それに伴う被害等は
どこに責任が存在することになるのでしょうか。
また、それに伴う費用の負担も含め、上記情報で参考までに教えて
頂ければ幸いです。

閲覧数:
46
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kon********さん

2020/5/1608:26:19

Cは境界を侵害された代償として塀を無償で手に入れています…
Cは売る時に告知する義務があり仲介業者もまた調査して説明する義務があります。
Bがどのような説明を受けて購入したかで立場が変わると思います。
現況で判断すると、境界を境にそれぞれの土地にある部分がそれぞれの所有物になると思います。
そうすると自分の境界に入っているものは自分のものです。
自分のものを直すと思えばおのずと答えは出ると思います。
ただ、これを機にその以前ミスって施工した業者に今更ながら責任を追及して無償とは言わないまでもせめて安くさせられれば誰がどう負担してもまあ納得出来ないのでしょうか…

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ボブの父さん

2020/5/1608:24:56

①、補強ブロック積の塀自体は、お互いが了解の基で工作したことと
請負業者の施工未熟と過失の責任をその時点で、是正させない両者に
瑕疵あります。また、その過失の回避が15年後にでただけのようです。

②、道路幅員を含めた「筆界や境界線確定図」に近隣地権者がその図面
に相違がないと土地家屋帳士事務所の作成すると公的にも証明できます。
それ以外では、法務局の登記係の地図で国土調査地図は復元は可能だが、

それ以外の地図(公図)や地積図も登記簿謄本も参考程度の民法第177条
所有権の証明以外はできません。あるとすれば「法務局の特定筆界図」
鑿です。其れや筆界や境界線確定図がないと堂々巡りの内輪話となる。

osa********さん

2020/5/1607:41:26

共有なら費用は折半。
境界線のどっちは関係ない

ベックさん

2020/5/1607:31:11

グレーゾーンですね。

あなたとしては50%負担で話を進めてはどうですか?

ブロックが曲がって作られた事であなたは広い土地を40年間、無料で使えていた事になります。

だから、あまり欲張らずに50%負担を申し出たら?

あまりケチな事を言えばお隣との関係も悪化します。

Yahoo!知恵袋 特別企画

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる