ここから本文です

赤道上を東から西に向かって車が動くとき、西から東に向かって動く時と比べて燃費...

cyb********さん

2020/5/2009:50:24

赤道上を東から西に向かって車が動くとき、西から東に向かって動く時と比べて燃費が異なりますか?

風の影響など、細かい条件は無視して、全く同じ環境のもとの移動とした場合です。
というのも、坂ではない平らな道を往復するとき進み方(速度)が異なるように感じたからです。コリオリの力ではないと思いますが、地球が回転していることで影響があるのでしょうか。

閲覧数:
22
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mik********さん

2020/5/2012:42:44

西から東に向かって動く時のほうが、わずかですが燃費は小さくなります。

これは地球自転の遠心力の効果が違ってくるからです。東から西に進むと地球自転と逆向きに動いているので地球自転の遠心力が弱くなります。そのため重力が大きくなります。
逆に西から東に向かうと重力が小さくなります。つまり車が軽くなるのでその分、わずかですが燃費は小さくなります。

この効果をエトベス効果といいます。航空機や船を使って重力測定をする時は、非常に大きな影響を受けるので、まず最初に補正をする項目です。ただ人が車に乗っているだけで感じられるほど大きくはないはずですが。

質問した人からのコメント

2020/5/28 01:52:05

私の疑問に皆さん親切に、しかも理論的にご回答いただきありがとうございました。
ベストアンサーは皆さんに差し上げたいともいますが、おひとりのようなので、
私の知らない「エトベス効果」を教えていただいたmik**様に決めたいと思います。
皆さんの回答で、それぞれうんうんと納得してしまい、とても気持ちよく理解で来ました。
みなさん、本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

www********さん

2020/5/2120:48:54

理論上は、西から東に向かって動くほうが燃費が良くなりますが、体感できるほどではありません。
赤道上を時速100kmで西から東へ走行したとき、地球の自転速度+時速100kmの遠心力を得ます。逆に東から西に走行したときは、地球の自転速度-時速100kmの遠心力を得ます。
この結果、西から東へ走行したときのほうが大きな遠心力をえるので、車重が軽くなります。時速100kmで西から東へ走行したとき、車重は0.04%軽くなり、1500kgの車重が0.6kg軽くなって1499.4kgになるというわけです。
これはあくまでも「重さ」であって「質量」ではありません。質量は遠心力に影響されないので、加速時や減速時の負荷は変わらないので燃費に影響しません。
重さが変わることによって変わるのは、タイヤの転がり抵抗とハブなどの摩擦だけです。
600gの変化がタイヤの転がり抵抗やハブなどの摩擦にどの程度の影響して燃費に差が生じるかは、ほとんど体感不可能な領域だと思います

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる